イギリスで生まれた「コーンフレークのビール」

12月、数多くのメディアに取り上げられて注目されたビールがあります。その名も「Throw Away IPA(使い捨てIPA)」。

イギリスのサルフォードにあるブリュワリーSeven Bro7hers Breweryとあの世界的有名な加工食品メーカー「ケロッグ」のコラボから生まれました。

「The Telegraph」が報じるケロッグの広報担当者のインタビューによれば、ビールの穀物含有量の約30%はコーンフレークで、約70%が小麦から成るのだそう。

使用されるコーンフレークは、どれも形がいびつなどの理由で袋詰めされなかったものばかりです。食品廃棄を少しでも減らそうという同社の取り組みから実現されたもの。

SNSにある飲んだ人のコメントによると、コーンフレーク✕ビールは抜群のコンビネーションなのだそう。んー、飲んでみたい!

© Seven Brothers Brewery/Twitter
Reference: The Telegraph
Top image: © iStock.com/BravissimoS, iStock.com/Kuzmik_A, 2018 TABI LABO
他の記事を見る
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。