クラフトビールにネクストウエーブ。「食品廃棄ゴミ」からつくるビール

小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外では早くもネクストビールの新たな波が押し寄せようとしている。

キーワードは「ゼロ・ウェイスト」。時代が求めているのは、持続可能なビール生産じゃない?

世界初のゴミビール
材料は、腐った洋梨に
売れ残りのクロワッサン!?

英リーズのクラフトビールメーカー「Northern Monk Brewery」が衝撃的なビールを開発した。ボトルにラベリングされた文字「WASTED」から読み取れるように、原料には廃棄処理されるはずだった食べ物が使われているというのだが……、その中身がすごかった。

売り物にならなくなった腐りかけの洋梨に、売れ残ったクロワッサンやブリオッシュ。そこにホップ、麦芽、イースト菌を加えた、廃棄食品を使った世界で初めての洋梨のエールだ。

実際に試飲した人のコメントを「The Guardian」が紹介する。曰く、信じられないくらいバランスが取れていて、わずかな果実味を感じるんだとか。

製造工程の食品ロスに着目
The Real Junk Food Projectが
全面サポート

それにしても、廃棄食品をクラフトビールに生かす目的はなんだったのか?「Metro」に掲載された、Northern Monk Brewery創設者Russell Bisset氏の発言に、そのヒントが見えてくる。

──ビール醸造においても当然ながら、ゴミとなり廃棄されるものがあるけど、それを変えていきたい。ビールの原材料のどこにムダがあるかを暴くためにもね。

食品ロス削減の世界的潮流にクラフトビール業界からもできることがあるはず。と、地方都市の小さなブルアリーが果敢なチャレンジに挑む。その強い意志に心を動かされ、タッグを組んだのが「The Real Junk Food Project(TRJFP)」だ。

“Pay As You Like(金額はおまかせ)”、賞味期限切れの食材のみを用いたカフェを開業し、まだ食べられるものを捨てずに使う試みで、現代社会に一石を投じたTRJFP。奇しくも、同じリーズをホームグラウンドに活躍する両社の思惑がひとつになったビール。それが「Wasted」。

クラフトビール界の
新たなトレンドに?

──食品廃棄を世界からなくしていくための足掛かりは、ローカルから発進する持続可能な取り組みが不可欠なんです。

とは、TRJFP急成長の立役者Adam Smith氏の言葉。地域に根ざした小規模なビール醸造所、その特性をフルに活かし、誰も考えつかなかったプロダクトに仕上げてみせた。

ゴミ(となるはずだったもの)からつくるビールは、同時にゴミを出さないビールでもある。醸造過程で使われたホップや麦芽カスは、ただの一つも廃棄せず地元農家へと寄付するルートが確立されている。堆肥として再利用ができるからだ。もちろん、ガラスボトルも100%リサイクル可能なもののみという徹底ぶり。

ムダを生まない工法であったり、より持続可能な原料を用いるなど、クラフトビールの次なる波がすぐ近くにまで来ていることを感じないだろうか。

いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...