コロナ禍で余剰となった80000杯のビールで作った「クラフトジン」

緊急事態宣言、外出自粛、時短営業……外食が減ることでビールの売り上げも激減した今春、「バドワイザー」ブランドをグローバルで展開する「アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン」によると、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となったという。

これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェクトがいよいよ形となり、先行予約販売を開始した。

©エシカル・スピリッツ株式会社

「蘇る」という意味をもつ特製ジン「REVIVE」は、酒粕を再利用したジンをリリースするなど、サステイナブルを主眼にしたスピリッツブランド「エシカル・スピリッツ」と、老舗日本酒メーカー「月桂冠」そして、「バドワイザー」の3社協業により製品化が実現した。

廃棄するはずだったバドワイザーを蒸留した原酒にブナの木を漬け込み、ビールで加水。そこにジュニパーベリーホップレモンピールを加えて香り付け。バドワイザーの製法や背景をリスペクトしつつ、革新的なコンパウンドジンに生まれ変わらせた。

「捨てない」という大前提と、「循環」を実現させるというアイデア。コロナ禍という同じ危機に、蒸留なくして生まれなかった「REVIVE」。果たしてどんな味がするのだろう。

エシカル・スピリッツの公式オンラインショップより、先行予約を受付中。販売開始は9月1日より。

ところで、廃棄処分を免れた「バドワイザー」も、次なる動きを進めている。

日本のカルチャーシーンの火を灯し続け、再生を目指す支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足。「REVIVE」売上の一部は、コロナ禍で活動の機会を奪われたアーティストミュージシャンたちへと、Music Cross Aidを通じて寄付に充てる予定だという。

『エシカル・スピリッツ』

【公式オンラインショップ】https://shop.ethicalspirits.jp/

Top image: © エシカル・スピリッツ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
日本で購入できる世界のこだわりが詰まったクラフトジン5選。クラフトジンブームの背景と、フィンランド、フランス、オーストラリア、日本から厳選したとっておきの...
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
1杯300円からクラフトビールが楽しめる国内最大級のクラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日~7月26日、7月29日~8月2日、東...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
「クラフトビール」は、最近よく耳にするものの意味は知らないという人も少なくありません。そんな人は、本記事で”クラフトビールとは何なのか”について確認してみ...
こだわりのクラフトビールと焼鳥を気軽に楽しめるクラフトビール酒場「トリクラヒーロー」1号店が目黒に今週10日オープン。​
日本酒造りの過程で廃棄される酒粒やビールから作った、新感覚のクラフトジンを提供する「エシカル・スピリッツ」が、東京・蔵前に蒸留所を開設。極めて香り高いクラ...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。