どんなビールでも「クラフト化」してしまうティーバッグが登場

最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も聞きますよね。

じゃあ、そんな人たちがこのティーバッグを知ったら、どうだろう。とりあえずの一杯が、のっけから“クラフトになっちゃう”わけですから。

ビールに「ティーバッグ」のなぜ?

1970011a14224e8a8d1bf4f5fb387fd0be6c83b6B3f392102facd0632f5df0d0050174a620fc12f7

写真を見ても分かるように、ビールとティーバッグというこの並び、明らかに異質。ところが、これがちっともおかしくないというのです。

なぜなら、バッグの中身はホップだから

これをビールや発泡酒に3〜5分ただ浸しておくことで、クラフトビールのような「香り」を楽しめるようになるんだとか。どのくらい?かは、実際に試してみないことには分かりませんが、この商品、決して藪から棒に開発されたものではありません。

「ドライホッピング」で
香りを後づけ

A11f47060035d32d064c2ad14db5172b32ca6c2e646ac81d10d244727edb3d5a2d09c99500437ab6

ビール製法において、煮沸の初期段階や最後に入れて苦味や香りを引き出すホップ。それを発酵も終わって完成間近のタイミングで、ビールに直接ホップを加える工法があるそうです。

熱を加えずにフレッシュなホップの香りを“後づけ”する、このテクニックこそ「ドライホッピング」。ブリュワーにもよりますが、本来は24時間程度かかる作業だとか。それをわずかな時間で、手軽に楽しめるようにしたのが、この「Oi!HOP」だったのです。

D0d6320213c7a0a330be2af6e7f2d84afb52fc29

現在「Makuake」にてクラウドファンディング中、2,000円(税込)から支援ができるそうです。

ティーバッグの料金は、1つあたり200円程度で、3〜4回繰り返し使え、浸しておく時間の長さで色も香りも変わるとか。アウトドアでもパーティーでも、みんなで飲み比べればいつもの倍は盛り上がるだろうし、普段は発泡酒の僕のような人たちも、プチ贅沢気分を味わえるはず。

Licensed material used with permission by Makuake
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...