どんなビールでも「クラフト化」してしまうティーバッグが登場

最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も聞きますよね。

じゃあ、そんな人たちがこのティーバッグを知ったら、どうだろう。とりあえずの一杯が、のっけから“クラフトになっちゃう”わけですから。

ビールに「ティーバッグ」のなぜ?

写真を見ても分かるように、ビールとティーバッグというこの並び、明らかに異質。ところが、これがちっともおかしくないというのです。

なぜなら、バッグの中身はホップだから

これをビールや発泡酒に3〜5分ただ浸しておくことで、クラフトビールのような「香り」を楽しめるようになるんだとか。どのくらい?かは、実際に試してみないことには分かりませんが、この商品、決して藪から棒に開発されたものではありません。

「ドライホッピング」で
香りを後づけ

ビール製法において、煮沸の初期段階や最後に入れて苦味や香りを引き出すホップ。それを発酵も終わって完成間近のタイミングで、ビールに直接ホップを加える工法があるそうです。

熱を加えずにフレッシュなホップの香りを“後づけ”する、このテクニックこそ「ドライホッピング」。ブリュワーにもよりますが、本来は24時間程度かかる作業だとか。それをわずかな時間で、手軽に楽しめるようにしたのが、この「Oi!HOP」だったのです。

現在「Makuake」にてクラウドファンディング中、2,000円(税込)から支援ができるそうです。

ティーバッグの料金は、1つあたり200円程度で、3〜4回繰り返し使え、浸しておく時間の長さで色も香りも変わるとか。アウトドアでもパーティーでも、みんなで飲み比べればいつもの倍は盛り上がるだろうし、普段は発泡酒の僕のような人たちも、プチ贅沢気分を味わえるはず。

Licensed material used with permission by Makuake
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
長野県伊那市の訳ありリンゴを買い取り、焼きリンゴにして、シナモン、メープルシュガーを加えたアップルパイのような風味に仕上げたアップルシナモンエールが発売さ...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
海外で見かける缶ビールってデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上にいろいろ楽しめる!そんな世界のLovelyなクラフト缶ビールとして、オレンジ色が...
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...