見た目も写りもレトロに楽しむ「トイカメラ」じつは多機能。

2014年に「Lomo'Instant」を発表してから、インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。

今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラだ。本プロダクトでは、世界初のアナログなスクエア写真が楽しめるらしい。焦点距離95mmのガラスレンズは、シャープな写りを実現。さらに、Lomoっぽいクリエイティブな機能も満載。様々なニュアンスの写真を撮影できるというから楽しみだ。

でも、やっぱり、気になるのは、この見た目。存在感あるよなぁ。

見た目がポップ!
5つのカラバリ

(c)Lomography

(c)Lomography

折りたたむと3分の1になる「Lomo'Instant Square」は、ブルー、ブラック、レッド、ブラウン、ホワイトの全5色。ボディ部分がじゃばらとなっているレトロなデザインともマッチしたポップな色使いがイイじゃないか。

クリエイティブな機能で
様々な撮影が可能

(c)Lomography

Fujifilm Instax Squareフィルム対応。1:1の正方形のインスタントフィルムは、かつてのポラロイド写真を彷彿とさせる。同時にInstagramに慣れたユーザーにも、新しい発見の瞬間を届けてくれるはず。

オート撮影モードでは、フラッシュのON/OFF、絞り、シャッタースピードを自動で設定してくれるようだ。さらに、バルブモードでは、夜の撮影で活躍。長時間露光を行う場合、最大30秒の露光が可能となっている。

(c)Lomography

さらに、クリエイティブな機能が充実。複数の画像を重ね合せる無制限の多重露光機能、色で印象を変えるフラッシュ用カラーフィルター、遠隔で操作できるシャッターリモコン、自撮りが簡単にできる10秒のセルフタイマーなどを駆使して、様々な撮影にチャレンジすることができるようだ。

(c)Lomography

(c)Lomography

現在、「Lomo'Instant Square」は、クラウドファンディングの「MotionGallery」で資金を調達中。すでに目標額の3倍以上もの資金獲得に成功している。ちなみに価格は、14,200円から購入できる。受付は、2017年10月10日までなので、気になった方は要チェック!

最後に、クリエイティビティーがたっぷりと散りばめられた動画も確認してみよう。インスパイアされること間違いなしだから。

(c)Lomography

Licensed material used with permission by Lomography
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
「西武園ゆうえんち」は、先月23日、大規模な改装を実施すると発表。改装後のコンセプトは「心あたたまる幸福感に包まれる世界」。2021年のリニューアル時には...
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
撮ったその場でモノクロ写真を印刷できるインスタントカメラが登場。しかも、レシートなどに使われる「感熱紙」を使用することで、フィルムの費用を抑えつつコンパク...
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
世界27ヵ国の「イケア」にて「BlackFriday」にちなんだキャンペーン「#BuybackFriday」を開催。不要な家具を買い取り、必要な方に販売し...
日本有数のフレンチレストラン「スガラボ(SUGALABO)」の元シェフであり、現在はフリーのプロデューサーとして活躍する薬師神陸(やくしじんりく)が、去る...
携帯しやすくなるようにレンズ部を収納できる、フォールディングカメラを模した「Jollylook」というインスタントカメラがあります。赤い蛇腹式の古めかしい...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの販売展開が発表された新型カメラ「MF-1」は、70周年を迎えたカメラブランド「YASHICA(ヤシカ)」から生ま...
約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...