意外と高画質・高性能 - レトロな大判カメラが人気

ミラーレスや一眼レフカメラといったカメラの進化が止まらず、同時に使い捨てカメラやチェキなどのリバイバルモノの流行りもあり、カメラ業界が一層熱を帯びてきました。

そんな中、イギリスのカメラメーカー「Intrepid Camera Co.」が更にレトロな大判カメラを復元、Kickstarterで発表しました。

レトロな大判カメラ 「Intrepid Camera Co.」

大判カメラといっても、こちらはただのヴィンテージカメラではありません。高画質な写真を撮影できる機能性を持つ優れたカメラとして、手頃な値段となるよう、現在資金を募っています。

けれど、なぜに“あえての大判”なのでしょう。そこには単にレトロを求めるだけでなく、その性能を心待ちにしている多くのカメラファンがいるようです。

ところで…大判カメラの何がいいの?

レトロな大判カメラ 「Intrepid Camera Co.」

大判の一枚のシートに写真が写し出されるアナログのフィルムカメラは、解像度の高い写真が撮れることで、かつては雑誌の表紙など使われていました。今でもマニアを中心に愛用されているようですよ。

さて、カメラの進化が留まらないこのご時世で、高性能カメラの先駆者としての文化を保存させたいという一心でIntrepid Camera Co.が大判カメラの開発、生産を続けています。前回のKickstarterでの発表では、1,000台の売り上げを実現し、今回のコンパクト版の新作でも£220,722(約3,000万円)の資金調達に成功。やっぱり、人気あるんだなあ。

重量わずか2.2キロ
これ、すでにオドロキ!

レトロな大判カメラ 「Intrepid Camera Co.」

新作は、8x10インチ版の大判カメラをよりポータブルに改良し、持ち運びもそこまで面倒ではなさそう。重さも2.2キロ、高さ310mm、折りたたむと75mm。大判カメラとして極限の小型化を実現した、とメーカーは力を込めます。

レトロな大判カメラ 「Intrepid Camera Co.」

軽量のみならず、細かな傾斜やズームなども調節も可能。今まで大判カメラを使った事のない人のためにも分かりやすい仕様だそうだから、初心者でも安心して利用できるんじゃないかと。

屋外での撮影のみならず、屋内でのポートレート撮影も可能。

レトロな大判カメラ 「Intrepid Camera Co.」レトロな大判カメラ 「Intrepid Camera Co.」

 一旦デジタルから離れて、たまには、大判カメラで写真の腕を試してみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission by The Intrepid Camera Co.
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの販売展開が発表された新型カメラ「MF-1」は、70周年を迎えたカメラブランド「YASHICA(ヤシカ)」から生ま...
「西武園ゆうえんち」は、先月23日、大規模な改装を実施すると発表。改装後のコンセプトは「心あたたまる幸福感に包まれる世界」。2021年のリニューアル時には...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
ロモグラフィーの「FISHEYE NO.2」は、フィルムの装填も簡単だし、ピントがどこにでも合うように設計されています。魚眼写真という特徴も加わって、デジ...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...