期限切れのフィルムで撮影したら、心を奪われる世界が広がっていた。

フォトグラファーIan Howorthの撮る写真をながめていたら、キューバを思い出した。場所としてではなくて、数十年前のような風景を見れるという意味で。

彼が撮影に本格的に力を入れ始めたのは、だいたい3年前。つまり、作品のほとんどは、最近撮られたものらしい。それなのに、なぜレトロな雰囲気を感じるのだろうか。

あえて期限切れのフィルムで。

Ianが愛用しているフィルムカメラが、1つの答えだろう。だけど、同じカメラを使ったとしても、誰でも同じ写真が撮れるわけではない。と考えると、彼のフォトグラファーとして大切にしていることの方が、大きく影響しているのかもしれない。

「探検」

ありきたりな言葉かもしれないけど、多くのことを意味していると彼は言う。光の入り方などを計算しながら、何度もシャッターを切るらしい。古めかしい雰囲気を出すために、あえて期限切れのフィルムを使用することも。さらに、仕上がりは現像してからしか分からない。

たくさんの努力の積み重ねが、歴史を感じさせる作品を生みだしているのだろう。

Licensed material used with permission by Ian Howorth
他の記事を見る
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...
屋根裏部屋で娘が見つけたのは、当時の政府に反対した写真家の母がのこした記録。
「選択の芸術」とも言われる写真は、たとえ同じ景色でも、切り取り方によって全く違うものに仕上がります。たとえばプロフォトグラファー・Vijceさんがシャッタ...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
無印良品の「フィルム石けん」は、想像以上に薄いです。シートじゃなく、フィルムと名がついている点にも納得できます。
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
フィルムの現像って、かなり手間がかかるものです。でも、この「LAB-BOX」は、フィルムカメラは持っているけど、自分で現像まではしていないっていう人向けの...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。