160年前のカメラで撮ったポートレートが、不完全で美しい。

「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶然を演出しながら、アナログなムードを醸してくれる。

ここでは、さらにもっともっと古い湿板写真でポートレイトを撮るフォトグラファー、ジレ・クレメントの作品を紹介しよう。

ガラス板にとどめられた
ポートレイト

ジレの使うカメラは、400×500mmのガラスに像を固定する「アンブロタイプ」のもの。レンズは1918年製で、第1次世界大戦で使われたものだ。その性能は著しく低いため、露光時間は多く、ライティングにも大光量を必要とする。

写真技術は、ライティングの技術そのものだとも言える。先人たちが作り上げてきた照明システムは、肌を柔らかく、なめらかなグラデーションにすることを可能にしてきた。

カメラ自体は160年前のものだが、ライティングのゴージャスさは、まさしく現代のもの。見ての通り、この写真が160年前のカメラで撮ったものだと分かる人はあまりいないはず。

 

大光量、長大な露光時間がガラス板に像を焼き付ける

ガラス板に臭化銀と卵白を加えて、感光剤とするのが「アンブロタイプ」とのこと。ネガに現像されるため、黒い背景に透過させて鑑賞する。本人との対比が、芸術的だ。

人はみな、ユニークだ

「私はポートレイトアーティストで、自分のテーマや、被写体のストーリー、彼らの芸術にインスパイアされている。みんなユニークだから、私だけが写真を制作していると思ったことはないよ。写真は、カメラを挟んだ二人の人間のコラボレーションによる産物だ。そのコラボレーションがうまくいったとき、私は単なるファシリテーターのような気持ちになるんだ」

と、ジレは言う。

撮影された写真は、どれもパーフェクトと言えるライティング技術の元で撮影されているが、純粋なポートレイトフォトグラファーとしての生き様も、写真に表れているかのようだ。

Licensed material used with permission by GILES CLEMENT
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
先日、Appleが公式Youtubeで初となる「iPhone 7 Plusで綺麗にポートレートを撮る方法」を公開。さぞ知られざる裏ワザなのかと思いきや、意...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。坂本龍馬の有名なポ...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
ヨガのポージングをカメラを使わないで撮影したアーティストのRobとNick。彼らの作品は、一般的な写真からは感じ取れない神秘的なものを表現しています。ここ...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...