思春期の不安定さを、19世紀の技術で撮り続けるフォトグラファー

166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。

坂本龍馬の有名なポートレートでも使われたこの手法は、非常に手間がかかるものだと言われています。にも関わらず彼女がこだわるのには、ある理由がありました。

焼き増しできない
世界で一枚だけの写真

彼女が作っているのは、「湿板写真」と呼ばれるもの。19世紀に発明された写真技術で、ガラス板に薬品を塗り、それに画を映り込ませる撮影方法です。

ガラス板に直接画像を焼くため、引き延ばしも焼き増しもできません。つまり、この方法で撮れるのは、世界でたった一枚だけの写真です。

写真をもう一度
家族の「宝物」にしたい

「かつて写真は、貴重な『宝物』だったと思うの。火事が起きたときに、急いで持って逃げるような」

「最近のデジタル写真は、たしかに鮮やかで映える。でもそのせいで人の心が入り込む隙間がなくなってしまっている。それに、たくさん溢れかえっちゃって、使い捨てになってしまったとも思うの。

私はもう一度、写真を『価値あるもの』にしたかったのよ」

このシリーズ名は「Nebula」といって、ラテン語で「雲」を意味します。

心も人間関係も移ろいやすい、成長期ならではの不安定さを表現しているとか。

「時間をかけて、今この時を過ごす彼らの移ろいを、この『写真』に焼き付けていきたいの」

Licensed material used with permission by Jacqueline Roberts
他の記事を見る
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...