「どこにも行かずにいい写真を撮るコツ」by iPhone写真賞受賞者

以前も記事で紹介したこともある「iPhone Photography Awards」。その受賞作品のひとつをご紹介。下の写真には、サッカーをする子どもたちと、その様子を見ている片足がない子どもの後ろ姿が。被写体が抱く感情を思わず想像しちゃいます。

今の時代、スマホでキレイな写真がいくらでも撮れるから、旅行先でもまずはバシャバシャ撮影して、あとで加工だ!なんてクセがついちゃってる気がするんです。でも、この作品の撮影者であるミャンマーのフォトグラファーZarni Myo WinさんがWEBサイトで紹介している「いい写真を撮るコツ」を見てハッとしちゃいました。

わざわざどこかに出かけずに日常をうまく撮るには、シャッターを切るまでのことが大事だよ、とのこと。以下、一部抜粋します。なるほどな〜。

ほとんどのフォトグラファーは写真を撮るために出かけるのが好きです。リラックスできるし、その場に関する知識や撮影するチャンスにたくさん出会えるから。だから、時間もお金も限られているときは、写真を撮りに行けてないなーなんてこぼすこともあります。

 

でも、どこにも行かずにいい写真を撮るアドバイスがあります。「プリビジュアライゼーション(事前視覚化)」と言われているんですが、想像力を使うことです。シャッターを切るのは二の次。

 

写真は、カメラを通して目で見たものを撮影することではありません。自分にしか見えていないものを撮れば、その証明になるもの。写真創作は、イマジネーションをベースとしたファインアートみたいなものなんです。

 

写真を撮りに出かける余裕がないときは、ぜひ事前視覚化した撮影にトライしてみてください。これまでよりも強力な創造性を持つ写真が撮れますよ。

──『Pre-visualization : The essential before to take Photos / Zarni Myo Win』ZARNI MYO WINより引用

iPhone写真賞受賞者
©Zarni Myo Win @ Iphone photography 2018
Top image: © Zarni Myo Win @ Iphone photography 2018
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
3月3日、「Apple」のiPhone「ナイトモード」を使用した「ナイトモードフォトチャレンジ」の受賞作品が発表された。数千の作品から選ばれた受賞作品とは?
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
「スノーピーク」が体験型グランピング施設「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」を今週4月16日(金)にオ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
12月15日、「Google フォト」の新機能として「Cinematic photos」が追加されることが発表された。この新機能、何がすごいかというと.....
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...