旅のログが、iPhoneひとつで美しく残せるのがわかる18枚

出合う場所、物、人、あらゆることをメモリーしたくなるのが旅というもの。
でも今の時代、キレイな写真のために大きなカメラはマストではないのかもしれません。iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶が鮮明に、そして美しく残せる。
そんなこと当然だろうと、頭ではわかってはいても、実は「ちゃんとしたカメラじゃないから」「技術がないから」「やっぱりスマホじゃ」とか思って、貴重な瞬間を諦めたり逃したりしてません?

iPhone Photographersが教えてくれる
「私のお気に入り」の残し方

©Anna Aiko/JAPAN

こちらは、先日発表された「The iPhone Photography Award」のTravel部門1位を獲得した、フランス在住の日本人iPhone Photographer、AnnaAikoさんの写真。
どんな国でも見つけられる美しい瞬間を探し続ける彼女が撮った、ゴビ砂漠での1枚。日没の美しい明かりと雷雨をつくる雲が同時におさまった不思議な瞬間です。

ポケットに携帯していつでも「あ」と思った瞬間を切り取ることができるiPhoneだから、こんな瞬間を逃さないのかもしれません。
同じように、様々な国や場所、環境で出合う貴重な瞬間を捉える世界のiPhone Photographers。
彼らのお気に入りの写真の数々を観ると、iPhone片手に旅に出るということに、あらためて期待が膨らみます!

心が動かされる「場所」

©Paul Zizka/CANADA
©Andrew Knapp/CANADA
©Alisson Louback, São Paulo/Brazil
©Gerardo Sandoval/MEXICO
©Vivien Liu/Hong Kong

偶然のタイミングで出合えた「物・事」

©Ryan Pernofski/AUSTRALIA
©John Bozinov, Wellington/NEW ZEALAND&ANTARTICA
©Kerem Uzel/TURKEY
©Maria Jose Govea/United States of America
©Zack Zhang/CHINA
©Erica Wu/TAIWAN

出会った場面を思い出す「人物」

©Vanessa Heins/CANADA
©Anwar Yusli/MALAYSIA
©Kael Rebick/CANADA
©Carlos Lang/MEXICO
©Camila Cornelsen/BRAZIL
©Sergey Sarakhanov/RUSSIA

8・19はWorld Photo Day

ちなみに毎年8月19日は、World Photo Dayという写真についての特別な日。世界ではじめての実用的写真技法が発表され、それが無償公開されたのが1839年8月19日だったとのこと。
その日があったからこそ、「写真」は身近な楽しみになり、さまざまな手段で撮影することができるようになりました。ま、その当時は、iPhoneなんてものが現れるのは想像できてなかったと思うんですけどね。

この日を意識しながら、一年ごとに撮り貯めた旅の写真を振り返ってみてもいいのかも。

Top image: © Maria Jose Govea/United States of America
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
1月8日、Appleが「iPhone11/11 Pro/11 Pro Max」の「ナイトモード」で撮影したベストショットを世界中のユーザーから集めるキャン...
カリフォルニア発、独自の特許で、どこにでも貼り付くiPhoneケース「MagBak(マグバック)」がついに日本上陸。3月14日からMakuakeで限定先行...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
「Apple」がアメリカ時間の今月13日(火)に開催されたiPhoneイベントにて待望の新世代モデルとして「iPhone 12」シリーズを発表。
3月3日、「Apple」のiPhone「ナイトモード」を使用した「ナイトモードフォトチャレンジ」の受賞作品が発表された。数千の作品から選ばれた受賞作品とは?
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
私たちは、まだまだデバイスのポテンシャルを最大限に生かしきれていないのかもしれません。iPhoneで撮影した写真が集まる「The iPhone Photo...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...