iPhoneでも、カンタンに360度写真が撮れるようになる「レンズ」。

自分が感動した場所の雰囲気を、そのまま写真に残すことができる360度カメラ。たくさんの人が、「使ってみたい!」と考えたことがあるかもしれません。それでも、購入をしない理由は、撮影頻度のわりに値段が高いからではないでしょうか。

「Indiegogo」でクラウドファンディング中の「Fishball」は、今なら約5,500円(49ドル)で買えるのだとか。しかも、iPhoneでカンタンに360度写真が撮れるようになるそうです。

サッと取り付けられる
「外付けレンズ」

「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズです。仕組みとしては、2つの魚眼レンズを搭載していて、それらが写し出すものを組み合わせているとのこと。

充電をしなくてイイし、Bluetoothに接続する必要もないので、ポケットからサッと取り出して、カメラにセットするだけで撮影準備は完了。

シーンを選ばないから、フェスでみんなで盛り上がっているところや、海外旅行で壮大な自然を目の当たりにしたときに使えるようです。もちろん、日常のちょっとしたときに使えるのもポイント。

実際に撮っている様子と、撮られた写真はこんな感じ。

今のところ、対応しているのはiPhone 7、7 Plus、8、8 Plus、iPhone Xのみ。Android用のレンズは、資金調達に成功したら開発を検討するようです。

Licensed material used with permission by Fishball 360°Lens

関連する記事

Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
プリンターやデジタルカメラで知られる「Ricoh」の社内ベンチャー「Vecnos」から、ミレニアルズ〜Z世代の間で話題になること確実のガジェットがリリース...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
ドムドムハンバーガー、現代美術家・加賀美健(Ken Kagami)、JUNRedとのトリプルコラボが実現。
なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
3月3日、「Apple」のiPhone「ナイトモード」を使用した「ナイトモードフォトチャレンジ」の受賞作品が発表された。数千の作品から選ばれた受賞作品とは?
スマホカメラに取り付ける「スマホ用望遠レンズ」は、一眼レフクオリティーの写真を撮ることができる驚きのギア。付属品やオプションも豊富でまさに「プロ仕様」。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
「Camp Ride」は、日本全国でのキャンピングカー予約ができるほか、初めてキャンピングカーをレンタル(または購入)を考えている人に向けた関連情報を取り扱う。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
1月8日、Appleが「iPhone11/11 Pro/11 Pro Max」の「ナイトモード」で撮影したベストショットを世界中のユーザーから集めるキャン...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
このレンズがあれば、穴に入れたり隙間に差し込んだりして撮影するのも可能。動物や虫、モノや果物をまるで映画のワンシーンのように撮ることができますよ。
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...
スマホカメラの性能を大きく拡張するアクセサリーを製造する「ShiftCam」から、より安定した写真撮影を可能にする「ProGrip」が発表。「Kickst...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...