この写真、「32,000本のストロー」を使って撮られました。

この写真を撮ったのは、アーティストのMichael FarrellさんとCliff Haynesさん。彼らによると、このアイデアは1930年代には存在していたそう。その特許の期限が切れたこともあり、プロジェクトを開始。

こうして「32,000本のストロー」を使ったレンズが完成したのだ。

点描画とも少し違う
味わい深さ

いくつかのプロトタイプを作り、試行錯誤したらしい。でも、他にも苦労が。

当初、撮影する時に何かが光を遮っていたそう。そして発見したのは、ストローを固定するときに使った接着剤。それを取り除いてもダメなときは、現像する際に色を調整。また、ストローだと光がうまく入ってこないという問題点も。そこで使ったのが強めのフラッシュとのこと。

それにしてもこの写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じ。

ちなみに彼らはネット上に写真を公開しているだけではなく、写真集も出している。そこには、さらに詳しいプロジェクトの詳細なども書かれているそう。WEBサイトから購入可能で、もう少しこの雰囲気に浸りたい人は見てみてほしい。

Licensed material used with permission by Michael Farrell & Cliff Haynes
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...