初心者も使いやすい!芸術的な1枚を生むフィルムカメラ「MF-1」

先日、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの販売展開が発表された新型カメラ「MF-1」。創業から今年で70周年を迎えたカメラブランド「YASHICA(ヤシカ)」から生まれた、ポップでリーズナブル、そしてシンプルで使いやすいスナップショット・フィルムカメラだ。

遠近描写も違和感を感じにくい31mmの広角レンズを搭載し、1/120秒のシャッタースピードを有している点で、デジタルからフィルム写真の世界へと移行しようとする初心者の写真家にも適している。

過去のものになりつつあるフィルムカメラだが、撮影して仕上がった写真からは、デジタルには出せない質感が漂い、芸術的ともいえる一枚を生み出す。そんなフィルム写真を撮るには、このMF-1のような「高品質なフィルムとカメラ」が必要だろう。

芸術の秋は、デジタルネイティブにこそこのカメラを手に街へ出て、フィルムのもつ“味”を知ってもらいたい。

©YASHICA

「YASHICA MF-1 Snapshot Art Camera」
https://vvstore.jp/feature/detail/13476/

Top image: © YASHICA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
ロモグラフィーの「FISHEYE NO.2」は、フィルムの装填も簡単だし、ピントがどこにでも合うように設計されています。魚眼写真という特徴も加わって、デジ...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
フィルムの現像って、かなり手間がかかるものです。でも、この「LAB-BOX」は、フィルムカメラは持っているけど、自分で現像まではしていないっていう人向けの...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
無印良品の「フィルム石けん」は、想像以上に薄いです。シートじゃなく、フィルムと名がついている点にも納得できます。
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
今や街のいたるところにある防犯カメラ。どこにどのくらいあるかなど把握しきれないほどだ。けれどあえて人が集まる場所に設置されたアート作品がある。過去のものだ...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。