今年の工場夜景展は「自ら行きたくなる」仕掛けが盛りだくさん

今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描かれるような未来都市を連想してしまうほど。

そんな幻想的な工場夜景の合同写真展「行ける工場夜景展2017」が今年も開催される。今回ならではのユニークな試みは、各作家陣が、携帯電話で撮影した写真も展示されるところ。つまり、一眼レフや望遠レンズなど、カメラの性能や設定に関係なく「誰でも工場夜景を撮れること」を感じてもらい、行動を促すような仕掛けとなっている。

「行ける」だけでなく「行きたくなる」展示は、工場夜景ファンの裾野をさらに拡げてくれそうだ。

作品を見たら
同じ場所へ撮影に出かけよう

608923ef907771b23dae4386a6b928a3d66fd8d0

タイトルにもあるように本写真展のポイントは、作品と同じ場所へ行けることにある。

展示作品と同じ構図を自分自身の目で確かめて、撮影できるというのが人気の秘密。しかも、今回も引き続き、各作品には解説やその工場へのアクセス情報も展示されるとのこと。会場でピンとくる場所を見つけたら、メモに残すことを忘れずに。

1d0fd837aab1db5ca3e17cceb7add89b75985275Ad6a3733007b32a04462b067de49c586b62243f8

13組の作家による
約250点が展示

A91c7719a82ce3072f1996df74cbc2bd77e70479

本展では、写真集『工場夜景』の監修も務める大倉裕史氏や片山英一氏など本格写真家から、ネットを中心に人気を集める竹篠たむ氏や山崎まさし氏など13組の作家が集結。未発表の新作を含む約250点が展示される予定だ。

様々なバックグラウンドを持つ作家たちが、それぞれの想いでつくりあげた作品。写真の共通点や相違点を発見するのも楽しみの1つだろう。

5a0265ab11f2cac475fc6aad841b04f11855cd21306922f4fd42e3279fe9f387887c8281e00c9dcc

即完売が予想される
会場限定のグッズ

02c9c134ae6c034fa109a372a36a663fe6ebe5bb

前回開催時、即完売となった300部限定の「行ける」ガイドブックもデザインを一新にして販売予定。出展作家の作品をチェックできるだけでなく、撮影ポイントへのアクセスコードも付いているとのこと。

また、お気に入りの作品を選んでオーダーできるプリントTシャツや小物ポーチ&トートバッグ、ポストカード、缶バッチなど、会場限定のグッズも多数販売。さらには、展示作品の販売も予定されているようだ。しかし、どれも数量が限られているので、売り切れには要注意。

『行ける工場夜景展2017』
■開催期間:2017年6月2日(金)〜6月25日(日)※月曜日は、休館日
■時間:11:00〜19:00
■会場:TOKYO GALLAERY STUDIO(〒111-0053 台東区浅草橋5-27-6 5階)
■入場料:500円 / 3歳以下は入場無料
■公式サイトはコチラ

Licensed material used with permission by TODAYS GALLERY STUDIO
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
映画を観た人なら、たしかにこの親和性の高さが分かるはず。しかも、ただ見るだけでなく、参加できるのもポイント。『君の名は。』とプロジェクションマッピングのコ...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
スイスのメーカーが開発した「Chairless chair」は、背中からかかとまで続く拘束具のような風貌。これ、中腰になるとロックがかかり固定されることで...
ここで紹介するのは、スマホで写真を撮るときの悩みを解決してくれるアイテム。カードタイプで財布に忍ばせておけるので、カンタンに綺麗な夜景を撮影することもでき...
オススメの雲海スポットがある。それが、埼玉県の秩父「美の山公園」の展望台だ。最寄り駅は、西武秩父駅。都内からなら、特急で1時間半。駅からは車で30分ほど。...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントーロできるお掃除ロボットだ。
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
「Elite Daily」のAlexa Mellardoさんの紹介する5つの場所を見て、私は一気に“クリスマス気分”になってしまった。観光名所でもある場所...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...