ボロボロの「セメント工場」をリノベーションしたら、お城のような家になった。

部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。

改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo Bofillさん。古民家や学校が生まれ変わったっていう話は聞いたことがあるけど、セメント工場がモダンな家になるってどういうこと?

97e7be23d64826c52f2a7d3e6ab8b0c0b359ad1f

バルセロナ近郊で出会った
ボロボロの工場

Dfd1a676d7fbe6f630671c806992841fd7032a28

1973年のバルセロナ近郊。高く上がる煙、巨大なサイロ、4kmの地下トンネル、良好な形で残っていたのは機械室。

これがRicardoさんとセメント工場の、最初の出会いでした。

79a37092049ab04c32b04ad3acf58072806f58a5

彼はこの工場に、第一次世界大戦前からの建築における「見せ方や美しさ」が共存していることを発見。

ボロボロの廃墟にしかない魅力を感じ、改築して住むことを決めたのです。

廃墟同然が
モダンな雰囲気のある建物に

0f359d013f49115a5c4a7fc00ba9bf32c4fec07a

何年もかけて、壊しては直すの繰り返し。工場は徐々に近代的な居住空間へと変わっていきました。

737e141b7329b91548c619251fdad6f1158a58e2

植物におおわれて緑豊かな外観に。こんな庭でコーヒーでも飲んだら最高においしそうですね。

インテリアには
工場の名残も

42372311232e7e0947302e8092375b6f72ac612d

会議室や展示室として使ってるそうですが、セメント工場時代の名残りでもある、中央の巨大なサイロが目を引きます。

5f5bb329066c8df9f6cab3632298a5bd932e9a8c

外観だけでなく、部屋の中でも緑が生きるデザイン。そして、驚くほどの天井高。

4f2b743a7ab1cedbeeeac1f1b6d580327a43860b

ここは、家族が集まるキッチン、ダイニングルームだそうです。まるでお城。

工場のリノベは
まだまだ進行中

52781ae1fe3a4cb52b3ecc57887b7d16616be266

外観からインテリアまで一変した工場ですが、リノベーションはまだ終わっていないそうです。

34084ec4727757b3b3f4a84fcfb6dc7a98d5ef92

「創造力次第で、どんな場所も目新しい、そして美しい場所にすることができる」

とRicardoさん。

彼が身を以て証明してくれたこの言葉は、リノベーション以外にも通ずることなのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by RICARDO BOFILL TALLER DE ARQUITECTURA
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...
今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
サッカー観戦や世界遺産巡りももちろんいいけれど、みなさんはバルセロナの街並みを上から見下ろしたことはありますか。ひとりの写真家が上空から撮影した、芸術的す...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
まさかバネ工場の機械音がかっこいい音楽になるとは思わなんだなー! っと驚かされたプロジェクトが「INDUSTRIAL JP」。日本の町工場をレーベル化する...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...