職員室がベッドルーム!?オランダに、廃校をリノベーションした「共同住宅」ができました

使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今に始まったことではありません。たとえば「3331 Arts Chiyoda」や「世田谷ものづくり学校」のように、カルチャーを発信したり、ワークショップの場として人と人が繋がる拠点として活躍しています。

アムステルダムでは、こんな使い方も人気。

教室をリビングにすると
こうなりました!

やわらかい光が部屋全体に回り、モダンな調度品に囲まれた部屋。その昔、教室として子どもたちが机を並べていた空間だと聞いて信じられますか?

アムステルダム西部キンケルブールト地区に建つこの「Ons Dorp」は、1910年に建設された古い学校をリノベーションした集合住宅。

いわゆる日本の学校のように広い敷地に棟が建つ格好ではなく、こちらは他のビルの外観と同じようにして街の一角に並んでいます。その点、廃校後の用途を「住居」とする選択肢は、ニーズに適っていると言えるのかもしれませんね。

コンクリの壁や階段の手すり、廊下へと続くアーチ状の扉にも。校舎の面影が感じられます。

教室として使われていた空間はリビングへと様変わり。天井まで届く大きな窓から、やわらかい日差しが部屋の奥まで届いてキモチよさそう。

この天井高を活かしてメゾネットにし、プライベート空間を生み出しました。

コンパクトなキッチンにも明かりがいっぱい。

もともとは職員室だった部屋も、今はベッドルームに変身。

少子化の影響で、都心からも小中学校が毎年のように姿を消しています。山村地域の古い木造校舎と違い、取り壊され、再開発となるケースがほとんどのようです。

いっぽうで、地域住民の間に交流が生まれたり、文化が生まれたり。この集合住宅のように「人が住まう」という利用法も、ステキなのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Standard Studio
他の記事を見る
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
上海の住宅街に建つ幼稚園「∞kindergarten」は、その名の通り、上空から見ると「∞」の形。「∞」の内側にも外側にもグラウンドがあり、スペースを有効...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
話題になっているのは、群馬県利根郡みなかみ町にある、猿ケ京小学校をリニューアルした宿泊施設です。2008年に惜しまれつつ廃校となりましたが、2012年に新...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...