Bluetoothを利用して「表示を変えるお墓」が登場

日本初、Bluetoothの機能を搭載した「お墓」が誕生した。

千葉県「八千代悠久の郷霊園」の園内に設置され、昨年12月より販売が開始されたのは、仏事関連総合サービスを手掛ける「ニチリョク」が開発した電子銘板システム「お守り de お墓参り」を搭載したお墓「電子銘板墓所ー光ー」

このお墓は、Bluetooth機能を搭載したお守りデバイスを持って墓石に近づくと、位置情報の検知システムが働き、墓石の銘板に参拝者専用の家名を自動で表示。

1つのお墓を複数の人で利用する共同墓地の需要が高まる昨今、「共同墓地を利用しながらも一般墓のように手を合わせてお墓参りがしたい」という声に応えてくれる。

電子銘板墓所ー光ー
©ニチリョク

電子表示には視認性省電力性能に優れた電子ペーパーが採用されており。屋外墓地でも、日光の反射によって見えづらくなることもない。

また、銘板には、家名のほかに、戒名没年月日なども表示可能。デザインもいくつか用意されており、ローマ字で表記したり、ちょっとした装飾を施すこともできるという。

時代の変化に対応して誕生した新たなお墓。詳細はホームページでチェックを。

「電子銘板墓所ー光ー」の表示例1
©ニチリョク
「電子銘板墓所ー光ー」の表示例2
©ニチリョク
Top image: © ニチリョク
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界中で人気があるツイートを検索していたら、こんなを見つけました。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
9月初旬、米「Facebook」は他人の投稿で見られる「いいね」の件数表示の廃止を検討していると明らかにした。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
ギュッと握ったらフニャッとして、その感触がクセになるスクイーズボール。クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達に成功した「SQUEGG...
「ELECOM」より発売された「TETORAPOD SPEAKER」は、その名の通り、テトラポッドをモチーフにしたBluetoothスピーカー。見た目に反...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...