「トノサマバッタ」の食用利用に関する共同研究がスタート

コオロギに続き、いよいよ「トノサマバッタ」を食用として利用するための研究がスタートした。

本研究に携わるのは、昆虫食の専門企業「合同会社TAKEO」「弘前⼤学」の農学⽣命科学部環境昆⾍学研究室の管原助教。

現在、世界の昆虫食市場の主流であるコオロギは、雑食性で飼料の調達がしやすい。さらに生育も早いため養殖するのが簡単で、食用昆虫としての市場がすでにある程度形成されていることが人気の理由だが、トノサマバッタは、養殖のしやすさはコオロギと同程度でありながら、養殖にかかる環境負荷をコオロギより低くできる可能性があるという。

一般的なコオロギ養殖では、穀物魚粉などを含む栄養価の高い濃厚飼料を与えているが、一方のトノサマバッタ養殖では、栄養価が低いイネ科植物の葉だけで生産が可能であり、自然界に存在する多様なイネ科の植物を利用することができるのだとか。

牧草の爽やかな香り強いうまみがあり、非常に食味にも優れているというトノサマバッタ。素揚げにすると、川エビに似たサクサクとした食感となり“おつまみ感覚”で楽しむことができ、また、爽やかな香りを活かしてキャラメルクッキーなどのスイーツにも応用できるとか。

今、ますますの盛り上がりをみせる昆虫食から目が離せない......!

©NPO法人食用昆虫科学研究会 佐伯真二郎
Top image: © 2020 合同会社TAKEO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて「こおろぎだしパック」が販売中。コオロギ以外の動物性素材を一切使用せず、洗練された優しい旨味を実現。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
「コオロギラーメン」や「コオロギ醤油」で知られる、昆虫食の魅力を世に発信する「ANTCICADA(アントシカダ)」から、「コオロギビール/Cricket ...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA」が、「コオロギ醤油」を開発。来年1月8日まで実施しているレストラン開業へ向けたクラファンページなどで入手可能。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
「蚕(カイコ)」を原料とした次世代食品の販売店「シルクフードラボ」が、本日20日から東京・表参道の「COMMUNE」内に期間限定でオープン。
株式会社MNHが、新商品「未来コオロギ柿の種」を6月15日より先行発売することを発表した。味は、アヒージョ味(スペイン)、タコス味(メキシコ)、トムヤムク...
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...