おうち飲みに最適?「未来コオロギ柿の種」が発売に

食糧危機の救世主として注目される「昆虫食」。先日、株式会社良品計画が「コオロギせんべい」発表したり、ANTCICADAが「コオロギビール(瓶)」を発売したりと、話題は絶えない。

そんななか、2016年から食用コオロギを使用したお菓子やおつまみを製造する「株式会社MNH」から新商品「未来コオロギ柿の種」が発売されることが明らかに。

MNHのコオロギ商品の最大の特徴は、カナダ産のオーガニックコオロギのみを使用している点。もちろんこの柿の種にも、旨味成分たっぷりのコオロギ粉がまぶされている。

気になる味は、「柿の種を食べながら世界紀行」というテーマに沿った3種をラインナップ。

・アヒージョ味(スペイン)
・タコス味(メキシコ)
・トムヤムクン味(タイ)

どれもお酒に合いそう......。おうち飲みのおつまみにいかが?

『未来のコオロギ柿の種』

発売予定日:6月15日
販売サイト:コオロギ専門ショップ「コンフェクショナリー・コオロギ」
URL:https://mnhhappy.base.shop/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「コオロギラーメン」や「コオロギ醤油」で知られる、昆虫食の魅力を世に発信する「ANTCICADA(アントシカダ)」から、「コオロギビール/Cricket ...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA」が、「コオロギ醤油」を開発。来年1月8日まで実施しているレストラン開業へ向けたクラファンページなどで入手可能。
食用コオロギパウダーを使った「コオロギと温泉水のチップス」は、一般的なポテトチップスと比べると高栄養&低カロリーな昆虫食チップス。食べ始めたら意外とハマるかも?
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
12月8日、米菓で初めて宇宙日本食認証を取得した「亀田の柿の種」が、ついに国際宇宙ステーションに到着。
東京、お台場の「日本科学未来館」にて、「昆虫食」を気軽に体験できるフェアが2021年2月末まで開催中。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...