こんな時だからこそ落ち着いて。「虫のうんち」のお茶で一服を

近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」

日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカー「タイランドユニーク社」の「Bug a Poop Tea」の取り扱いを開始した。

なんと、この商品は、穀物に付くバクガ、メイガ(蛾)の幼虫の「うんち」を集めて作ったお茶

まず、蛾の幼虫に自然発酵させた特別な茶葉のみを食べさせる。茶葉は細かく砕かれて、幼虫の体内で更に発酵が進む。

その後に排出された糞は、茶葉しか食べさせていないので、当然ながら茶葉100%。集めて食べ残しの葉や茎などの不純物を取り除き、天日で乾燥もしくは鍋で炒るように乾燥させる。

じつは元来、中国山岳部のチワン族、トン族、ミャオ族などの間で長年親しまれてきた歴史のあるお茶なのだとか。

幼虫が排出する糞は少量しか取れないため、数世代にわたって糞の採取をおこなう場合もあり、最長では2年ほどかけることもあるという。

それほどまでに貴重な虫のうんちのお茶、ぜひ飲んでみたい!……かなぁ?

©2020 株式会社アールオーエヌ

BugsFarm(バグズファーム)
【公式ホームページ】https://bugsfarm.jp/

Top image: © iStock.com/Deagreez
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
東京、お台場の「日本科学未来館」にて、「昆虫食」を気軽に体験できるフェアが2021年2月末まで開催中。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。