こんな時だからこそ落ち着いて。「虫のうんち」のお茶で一服を

近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」

日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカー「タイランドユニーク社」の「Bug a Poop Tea」の取り扱いを開始した。

なんと、この商品は、穀物に付くバクガ、メイガ(蛾)の幼虫の「うんち」を集めて作ったお茶

まず、蛾の幼虫に自然発酵させた特別な茶葉のみを食べさせる。茶葉は細かく砕かれて、幼虫の体内で更に発酵が進む。

その後に排出された糞は、茶葉しか食べさせていないので、当然ながら茶葉100%。集めて食べ残しの葉や茎などの不純物を取り除き、天日で乾燥もしくは鍋で炒るように乾燥させる。

じつは元来、中国山岳部のチワン族、トン族、ミャオ族などの間で長年親しまれてきた歴史のあるお茶なのだとか。

幼虫が排出する糞は少量しか取れないため、数世代にわたって糞の採取をおこなう場合もあり、最長では2年ほどかけることもあるという。

それほどまでに貴重な虫のうんちのお茶、ぜひ飲んでみたい!……かなぁ?

©2020 株式会社アールオーエヌ

BugsFarm(バグズファーム)
【公式ホームページ】https://bugsfarm.jp/

Top image: © iStock.com/Deagreez
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事