桑の葉香る「蚕のアレ」を使ったお茶

日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫の“アレ”を活用したお茶が登場。

アレとはそう、蚕のフンだ。

日本の伝統的な蚕の品種「小石丸」のフンを丁寧に集め、香り高く焙煎して作られたのがこの「蚕糞茶」

ちょっとネーミングにギョッとするが、蚕が食べた桑の葉の深い香りが良く、マイルドな口当たりで飲みやすい一杯に仕上がっているそう。食用なのでティーバッグから出てきたフンは食べてしまっても大丈夫なんだとか。

開発のきっかけは蚕産業ピーク時の昭和初期から、今では1万分の1ほどに激減し危機的な状況にある蚕農家を応援するためだというお茶。飲むことで農家さんの支援につながるかもしれない。購入はコチラから。

©株式会社アールオーエヌ
Top image: © 株式会社アールオーエヌ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
コオロギラーメンなどで知られる「ANTCICADA」より、蚕沙(さんしゃ/カイコの糞)を原料とした蒸留酒が登場。奥深い香りと、フレッシュな飲み口が魅力的。...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
世界初の「パーソナライズ抽出機能」を実現したスマートティーポット「teploティーポット」の公式茶葉サブスクリプションサービスが、先週22日(木)からスタート。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...