飲んで、香って、目にも楽しい「工芸茶」

お湯を注ぐとグラスのなかにキレイな花が咲く。そんなお茶があるのをご存知ですか?

中国茶の1ジャンル「花茶」。そのなかに工芸茶というものがあります。造形茶と呼ばれることも。その名の通り目でも楽しめるよう、お茶に細工を施したもの。

これが、とんでもなく美しかった!

ティータイムを
「目で味わう時間」に変える

©2021 NEW STANDARD

工芸茶の茶葉はこんな感じ。直径2センチほどの石ころみたいな塊です。これをグラスに入れてお湯を注ぎ、しばらく蒸らしておくと……。

©2021 NEW STANDARD

ほら、グラスの中に花が咲きました。赤、白、黄色、ステキでしょ?

三国時代(3世紀)以前より、中国茶の歴史は始まっているとされていますが、全国に広くお茶の習慣が根付いていったのは唐から宋にかけて。お茶は精神性と深くつながっています。人々は、お茶を飲みながら詩を吟じ、書をたしなみ、絵を描き、哲学を論じてきました。

そんな歴史ある中国茶ですが、工芸茶の歴史は意外と浅く、1980年代の安徽(あんき)省で考案されたといわれています。

「カタチで魅せる」お茶ができるまで

製茶し乾燥する前の茶葉を1枚ずつ丁寧に糸で束ね、ジャスミンや菊、百合、千日紅(センニチコウ)などの花を茶葉で包み込んで作る手の込んだお茶は、どのようにして生まれたのか?

欧米向けの紅茶の原料を多く栽培する福建省のように、じつは工芸茶もまた、輸出向けの献上品として誕生した背景があります。1990年代に入ると、中国各地でさまざまな工芸茶が登場します。細工技術も飛躍的に向上し、趣向を凝らした造形や包み込む花で個性を出す工芸茶が登場するようになりました。

当初は見た目の美しさに注目が集まっていましたが、近年は香り高く良質な茶葉を用いたものが増え、目でも香りでも、そして味わいでもティータイムを演出するお茶として親しまれています。

工芸茶はグラスで飲む

©2021 NEW STANDARD

工芸茶を楽しむには、耐熱性のガラス(ティーポットでもグラスでもOK)がイチバン。熱湯を注いでゆっくり茶葉が開いて、花になる。この工程こそ工芸茶の醍醐味。

温めた耐熱用のガラスに工芸茶をひとつポンと入れます。フタをして(なければ小皿でもOK)3〜5分くらい待ちましょう。花が開けば飲み頃です。お茶が減ってきたらお湯を注ぎ足して2煎、3煎とお茶を楽しみましょう。

ちなみにお茶をいただいたあとは、水を入れ替えて水中花として楽しむのも一興です。

春を待つ蕾がゆっくりと開いていくように、お湯を注いだガラスポットのなかでじんわりと葉を広げる工芸茶。花が咲くのを待つ時間がきっと、今の季節とシンクロすることでしょう。工芸茶のもつ不思議な力は、新しい生活への活力を与えてくれるはずです。

「工芸茶」で検索してみて。いくつも種類があるので花の種類や飲み比べて、お気に入りを見つけてみてください。

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
日本で生まれた日本茶ベースのハーブティーをご紹介。
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。
上海で人気の茶館「听云台茗茶空间」。店内ではスモークが焚かれたりして独特な雰囲気。入り口は黒い扉が設けられているのみで、外から見ると民家のよう。
廃棄になる「宇治茶葉」を、茶葉の元の姿「植物」として目と香りで楽しむものに生まれ変わらせたフラワーボックス「茶和花」が1月より販売をスタートした。
“気分に合わせて選べる”をコンセプトとした日本茶のティーバッグシリーズが、鹿児島発の日本茶専門店「すすむ屋茶店」より発売。
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
自然のなかでお茶が点てられる「野点(のだて)セット」が「Snow Peak×中川政七商店×茶論」のトリプルコラボで発売される。
海外の緑茶人気に着目し、2言語に7通貨(USドル・香港ドル・カナダドル・豪州ドル・欧州ユーロ・英ポンドと円)でプレミアム八女茶を販売するECサイト「YAM...
伊勢茶カフェ「深緑茶房 名古屋店」から和やかなサプライズができる新ギフト「選べる伊勢茶はがき」が9月17日に発売された。
“現代人がうまく休める道具”として日本茶を提案する愛知県の「美濃加茂茶舗」が、おしゃれな収納ボックスに入った日本茶定期便「WORKERS’Break」を予...
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第4回は、薬膳カフェ日月の「花...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。