限界まで「茶化して」もなお、真っ当な日本茶

真面目な話を冗談めかしてごまかすことを「茶化す」と言いますが、「お茶をひく」「茶々を入れる」「目茶苦茶」「茶番劇」……など「茶」を用いる慣用句はたくさん。そして、その多くがネガティブな意味を持ちます。

例えば「お茶を濁す」も、ごまかしたり、取り繕うといった意。茶道の作法をよく知らない者がお茶を濁らせてしまい、なんとなく抹茶に見えるようにごまかしたことが語源だとか。

諸説ありますが、茶(ちゃ)という響きが持つ可笑しさや滑稽なイメージを、あえてユーモラスに表現しているようです。ネガティブではある、けれどdisではないあたり、日本人に馴染みの深い文化への敬意の表れなのかもしれませんね。

世の中を、茶化そう。

前置きが長くなってしまいましたが、ここに紹介するプロダクトが、まさに「お茶」へのリスペクトの表れ。しかもそれを逆手に取って、誰もが親しみやすいユーモアへと転換してしまった、とびきりウィットに富んだ日本茶なんです。

© 2018 TABI LABO

いやいや、どう見てもこれタバコ。

かなり攻めたパッケージにも驚かされますが、それだけじゃありません。ディテールにもこだわりアリです。

 

チャバコの味は、あなたの周りの人、特に家族や会社の同僚、取引先などの機嫌に好影響を及ぼす可能性があります。

 

本来、そこに書かれているはずの警告表示まで、しっかりパロってくるんですから。けれどその実、中身はいたって大真面目。現在では静岡県内の限られた地域でのみ実践されている茶草場農法(※)や、あえて手のかかる有機栽培による生産によって品質を保ってきた、正真正銘のお茶が入っています。

※茶草場農法……茶園周辺で刈り取ったススキやササなどを有機肥料として用いる伝統農法。農業と生物多様性が同じ方向を向いて両立した農法が高く評価され、2013年、静岡の茶草場農法は「世界農業遺産」に認定された。

© 2018 TABI LABO

お湯を注いで、あるいは水に混ぜるだけで手軽に本格的な日本茶が楽しめる。種類は「茶草場深蒸茶」「茶草場ほうじ茶」「深蒸煎茶(オーガニック)」「玄米茶(オーガニック)」の4種類。

あえて「茶化す」という機転の利かせ方、パロディでしかないパッケージもキャッチコピーも、スティック1本1本にまでタバコのフィルターを描く細やかさにしても、いちいち洒落がきいている。けど、そのいずれもが中身は一級品であるという自負を逆説的に誇張しているあたりが、どうにもニクいんだよなあ。
とにかく、「お茶目」なヤツです。

1箱からでも購入可能(ギフトセットもあり)です。

Top image: © 2018 TABI LABO
Reference: SHOWTIME
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
今冬注目の食材ピーナッツ。蜷尾家/NINAO(ニナオ)が冬季限定で発売する台湾の冬の定番スイーツ「花生湯(ファーシェンタン)」は、杏仁の香りが広がる甘く仕...
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
伝統茶器で淹れる日本茶をオリジナルカップで味わえる中目黒にある日本茶とスペシャリティコーヒーのカフェartless craft tea & coffee〒...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
上海で人気の茶館「听云台茗茶空间」。店内ではスモークが焚かれたりして独特な雰囲気。入り口は黒い扉が設けられているのみで、外から見ると民家のよう。
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
「KATE」のポップアップイベント 「真実の唇。」展。東京は今月21日(土)~25日(水)に表参道ヒルズ本館の「スペース オー」、京都は2020年1月9日...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
毎朝、急須で緑茶を淹れるのが日課です。起き抜けのコーヒーはちょっと刺激が強い気がするけど、緑茶はすするだけでほっとして、体に染み渡っていく感じがするから好...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。