日本生まれの「ハーブティー」4選

デトックス、ダイエット、リラクゼージョン……ハーブティーを飲む理由は人ぞれぞれ。カラダやココロの調子を整え美容のサポートをしてくれる。そんなハーブティーですが、販売されている多くは海外からの輸入もの。

でも、日本には日本人に合ったハーブティーがあります。

太陽や水、土や空気。その土地のエネルギーを蓄えた日本茶にハーブをブレンドして作られたこれらのハーブティーとの出会いは、勝手知ったるいつもの日本茶を、もっと身近な存在にしてくれるはず。

さあ、お茶にしませんか?

西洋ハーブ×和テイストの融合

スキンケアブランド「EDOBIO」のブレンドハーブティー「GREEN TEA SLIM」は、飽きのこないおいしさ。これに尽きます。

国産の緑茶にブレンドするのは、ブルーベリー葉(国産)、ネトルリーフ、ジュニパーベリー、レモングラス、ダンデライオンほか7種類のヨーロッパのハーブをピックアップ。

味も香りも「ちょっと複雑になりすぎやしない?」なんて、心配になりそうなところ、これがとても上手いこと緑茶と融合していて、とにかく秀逸。

忙しい朝でも、じっくり時間をかけて抽出するのがおすすめ。2g入りティーバッグ20個入りです。

EDOBIO GREEN TEA SLIM

価格:1944円
購入は公式オンラインサイトから

ほうじ茶+αが生み出す
プリミティブな味わい

自社で茶葉開発から製造までをおこなう茶葉ブランド「EN TEA」の定番ブレンドティー「焙じ茶 カモミール」です。これも立派なハーブティー。

国産茶葉の茎の部分を集めて、焙煎して仕上げたほうじ茶に、ジャーマンカモミールを合わせたお茶は、過度なハーブのブレンドにはないプリミティブな味わいで、すっきり透明感のある飲み口がとにかく美味。

舌先に残る甘い余韻と香ばしいフレーバーはリラックスタイムにおすすめ。4g入りティーバッグ7個入りです。

EN TEA 焙じ茶 カモミール

価格:1080円(税込)
購入は公式オンラインサイトから

有機日本茶に添える香りも
有機栽培されたハーブ

静岡県産のオーガニック日本茶をベースにしたオリジナルブレンドティーを展開する「AKEBONO TEA」。

国内の茶生産量のうち、およそ2%ほどしかないという有機の日本茶を用い、合わせるハーブも世界中から取り寄せたオーガニックなものを厳選するこだわりよう。

人気の「ZEN DETOX」は、煎茶をベースにレモングラス、オレンジピール、グリーンルイボス、リンデン、ジャスミン茶をブレンド。体の内側から美しくなれる爽快な味わいが特徴です。

煎茶の渋みをレモングラスとオレンジピールが柔らかく包みこみ、スッキリ飲みやすい一杯です。心を落ち着けて思考のおともにいかがでしょう?50g入り。

AKEBONO TEA ZEN DETOX

価格:1900円(税込)
購入は公式オンラインサイトから

心穏やかに自分と向き合うときに

©2021 NEW STANDARD

お茶を通して日本の間をつなぐお茶のスタートアップ「TeaRoom」が、聖徳太子1400年忌を記念してプロデュースした2種類のお茶「HIRAKU」。

このうちバラとともに赤く染まる「花紅」は、三重県産の紅茶になつめ、エルダーフラワー、バラ、しょうが、紅花、りんごをブレンドしたハーブティーです。植物のエネルギーをたっぷり内包したブレンドティーは、心穏やかに自分の時間にひたるのに最適。3g入りのティーバッグ8個入りです。

HIRAKU 花紅

価格:1500円(税込)
購入は公式オンラインサイトから

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

いよいよ春も本番。大地の恵みを受けたフレッシュなハーブをたっぷり使って、自家製のハーブティーを楽しんでみませんか?
飲んでおいしいハーブティーは数あれど、お部屋に飾ってこれ以上、絵になるハーブティーをワタシは知りません。
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
時間帯によって、気分や体の調子が違うように、シーンごとに飲み分けるハーブティーの提案です。
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
最近、以前より手に入れやすくなったことで、ふつふつと人気を集め始めている魔法のハーブティー「マロウブルー」。この記事では、「マロウブルー」とはなにか、その...
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
茶葉1枚1枚をそのまま乾燥させた、押し花のような見た目の「Have a Herbal Harvest」。母の日の贈り物にいかが?
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「和トリエ」がコラボレーションした「トラベルティー」です。
ドイツで100年の歴史を誇るオーガニックハーブ&スパイスブランド「Herbaria」が日本で手軽に買えるようになる。
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...
“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。