野菜とハーブ入りのお赤飯

「今日はお祝いだからお赤飯炊かなきゃね!」

小さい頃、こんな言葉を家で聞いていました。その頃からお赤飯はお祝いで食べられるイメージ。ところが、キューバでは祝い事がなくても家庭料理として食べられている赤飯が。

「アロス・コングリ」聞いたことあります?金時豆を香味野菜とハーブで炊き込んだ料理で、塩を効かせておにぎりにしてもおいしいんですよ。旬の赤パプリカを散らせば、いっそう華やかになります。

 

陽気な社会主義国のお赤飯
「アロス・コングリ」

 
© siamionau pavel/Shutterstock.com

材料

金時豆(あれば赤いんげん豆):50g
水:適量
玉ねぎ(みじん切り):1/4個
にんにく(みじん切り):1かけ
サラダ油:大さじ1/2
米:2合
金時豆の茹で汁:200ml
水:250ml
ベイリーフ(あれば):1枚
ドライオレガノ:小さじ1/3
しょう油:小さじ1
塩:小さじ1/2

作り方

【1】金時豆はやわらかくなるまで茹で、茹で汁はとっておく。

【2】フライパンにサラダ油、ニンニク、玉ねぎを入れて中火で熱し、玉ねぎが透き通るまで炒めたら火を止める。

【3】米を研いで2を炊飯器に入れ、1で茹でた金時豆、茹で汁、ベイリーフ、ドライオレガノ、しょう油、塩を加え、混ぜて炊いたら出来上がり。

Top photo: © Fanfo/Shutterstock.com
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
「一般社団法人 赤飯文化啓発協会」では、11月23日の勤労感謝の日に、働く人や家族への感謝の気持ちを込めて、みんなでお赤飯を食べてもらいたいという想いとと...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...