野菜とハーブ入りのお赤飯

「今日はお祝いだからお赤飯炊かなきゃね!」

小さい頃、こんな言葉を家で聞いていました。その頃からお赤飯はお祝いで食べられるイメージ。ところが、キューバでは祝い事がなくても家庭料理として食べられている赤飯が。

「アロス・コングリ」聞いたことあります?金時豆を香味野菜とハーブで炊き込んだ料理で、塩を効かせておにぎりにしてもおいしいんですよ。旬の赤パプリカを散らせば、いっそう華やかになります。

 

陽気な社会主義国のお赤飯
「アロス・コングリ」

 
© siamionau pavel/Shutterstock.com

材料

金時豆(あれば赤いんげん豆):50g
水:適量
玉ねぎ(みじん切り):1/4個
にんにく(みじん切り):1かけ
サラダ油:大さじ1/2
米:2合
金時豆の茹で汁:200ml
水:250ml
ベイリーフ(あれば):1枚
ドライオレガノ:小さじ1/3
しょう油:小さじ1
塩:小さじ1/2

作り方

【1】金時豆はやわらかくなるまで茹で、茹で汁はとっておく。

【2】フライパンにサラダ油、ニンニク、玉ねぎを入れて中火で熱し、玉ねぎが透き通るまで炒めたら火を止める。

【3】米を研いで2を炊飯器に入れ、1で茹でた金時豆、茹で汁、ベイリーフ、ドライオレガノ、しょう油、塩を加え、混ぜて炊いたら出来上がり。

Top photo: © Fanfo/Shutterstock.com
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
「一般社団法人 赤飯文化啓発協会」では、11月23日の勤労感謝の日に、働く人や家族への感謝の気持ちを込めて、みんなでお赤飯を食べてもらいたいという想いとと...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
メディアが取り上げるカラフルなクラシックカーとは一線を画したキューバの姿を撮る写真家Gillian Hylandさん。「Windows into Hava...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
カリフォルニア州に本拠地を置くPrimal Kitchen社の「アボカドオイル入りマヨネーズ」。まろやかです!
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
ラムと葉巻と音楽という、漠然としたイメージしかなかったキューバという国。アメリカとの国交回復ということもあり、「今のうちにキューバに行っておいたほうがいい...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
4月23日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっていて、世界各国に5月から順次発送予定のアイテム「Hygiene...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
キューバに行ってきた。サルサと革命の国、そして半世紀ぶりにアメリカと国交回復して、これから盛りあがろうとしている国。でもキューバは、普通の観光地ではない。...
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。