好き嫌いがハッキリ別れる、ハーブ系アイス

バニラアイスに“ちょい足し”するとおいしい調味料、これは以前好評をいただいた企画ですが、ここで取り上げるのはハーブのちょい足し。それも好き嫌いがハッキリ分かれる「パクチー」です。

好きな人には天国!
パクチーアイス

©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

バニラアイスの甘みに、清涼感が加わり、サッパリした後味。パクチー大好きな人にはたまらない、あと引くおいしさ。普段はパクチー苦手、という人もこれなら……?

みじん切りにしたパクチー(10g)とバニラアイス(200g)それとレモン汁を小さじ1ほど、ボウルにすべて入れて混ぜたら、器に盛って完成です。

Top photo: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
都内も近いうちに梅雨入りしますが、自宅でこのアイスキャンディをペロペロしながら、テキーラを飲めば、もう気分はたぶん、夏。
たっぷりのハーブとスパイスがあとを引くウマさ。
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
今回は原宿にある「GOMAYA KUKI」。世界一濃いごまアイス専門店!ごま油をかけて食べる不思議なごまアイス!SNSで人気のお店って実際はどーなんよ?価...
タイ料理やベトナム料理が好きな人にとってはパクチーは欠かせない香草ですよね。世の中にはパクチー専門のレストランもあるくらいで、最近では抗酸化作用がアンチエ...
連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも暑さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!用意するものは製...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
100%北海道産原料で作る、夕飯前の子どもを満腹にさせない1袋20g入りアイス「Pocco」。
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
本物のアイスを「付録」にしたマルチメディア本が期間限定販売。
今年に入ってオープンした2つのグランピング施設と、来月オープン予定の1施設を紹介。特に関西方面に注目施設が多い!
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
氷を歯で砕くのがあんまり好きじゃない人でも、このソフトタイプの氷なら噛み砕きたくなるはず!しかも溶けにくいから最高です。
春から初夏にかけて、夏ほどじゃなくても、少し動けばじんわりと汗をかく。家事中とか、通勤中とか、買い物中とか。少しだけ、少しだけでいいから、クールダウンしたい。
アボカドだけでは濃厚なまま、そこにヨーグルトを加えることで、もったりからなめらかな口当たりに。
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
多くの人が偏食に対して、マイナスのイメージを持つことでしょう。だけど、その好き嫌いの原因は、どうやら親にあるようです。教育の仕方とかではなくて、もっと根本...