色が変化する魔法のようなハーブティー「マロウブルー」って!?

透き通るような青、鮮やかな紫、可愛らしいピンクと、色が3色に変化する不思議なハーブティー「マロウブルー」

最近では通販サイトなどで手に入りやすくなったこともあり、専門店だけでなく、カフェやレストランでもよく見かけるようになりました。マロウブルーは見た目が美しいことはもちろん、健康茶として古くから親しまれてきたハーブティーなのです。

今回はそんなマロウブルーの魅力をあらためてご紹介!

  • マロウブルーとは?
  • なんで色が変わるの?
  • どんな味がするの?

そんな疑問にお答えします。残暑は涼やかなマロウブルーで乗り切りましょう!

マロウブルーとは?

マロウブルーとは、「青い花びらのハーブティー」のこと。別名「夜明けのハーブティー」、和名では「ウスベニアオイ」と呼ばれています。

また、販売メーカーによって、「ブルーマロウ」や「コモンマロウ」と呼ばれることも。

© sachi.hana.wanwan/Instagram

マロウブルーは色の変化を楽しむ

マロウブルーの最大の特徴は、酸とアルカリの濃度を変えることで色が変化すること。

その名に「ブルー」と入っている通り、花びらの上からお湯を注ぐと、透き通るような青色に。少し時間が経つと紫色に変わります。

また、レモン果汁などで酸を加えるとピンク色に、重曹などでアルカリ性にすると明るいブルーに変色。ハーブティに使う水の水質や温度によっても、色が異なるため、毎回違った色を楽しめるのもこのマロウブルーの魅力です。

このように、ロマンティクにピンクやブルーに変化する様から、フランスでは「夜明けのハーブ」という素敵な名前がついたのだとか。さすがはフランス、洒落てますね。

© 7gousits/Instagram

マロウブルーの効能

前述した通り、マロウブルーは健康茶としても愛飲されています。

マロウブルーには、粘膜を保護する作用があるといわれており、喉がイガイガして違和感のある時や、花粉症や風邪でのどの粘膜が弱っているときに重宝するそう。さらには、美肌効果も期待できるのだとか。

バタフライピーとの違いは?

マロウブルーもバタフライピーも、花びらから抽出されるブルーのハーブティ。ですが、お花の種類が異なり、マロウブルーはアオイ科、バタフライピーはマメ科の植物に該当します。

バタフライピーには、アンチエイジングの効果があるといわれており、美容に関心の高い方々に特に人気。

味については、どちらも無味・無臭に近いですが、マロウブルーの方がお花の酸味が強いと言われています。

 

 マロウブルーバタフライピー
分類アオイ科マメ科
ほぼなしほぼなし
香りほんのりお花の香り豆っぽい香り
期待できる効能喉の不調の改善アンチエイジング

 

まとめ

見て、飲んで楽しめるハーブティ「マロウブルー」。「マロウブルー」で検索すると通販サイトがたくさん出てきます。鮮やかなブルーのハーブティーは夏にもピッタリ。ぜひ試してみてくださいね。

Top image: © Pixiversal/Shutterstock.com
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
茶葉1枚1枚をそのまま乾燥させた、押し花のような見た目の「Have a Herbal Harvest」。母の日の贈り物にいかが?
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第8回は、OCEAN-TEAB...
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
本日1月14日から紅茶を使ったスイーツ専門店「Tea Sweets Lab. CONTENART(ティースイーツラボ・コンテナート)」が東京・代々木にオープン。
クリスマスイブまでの毎日、24種類の違うお茶を楽しむことができる「アフタヌーンティー・ティールーム」のアドベントカレンダー「ブックオブクリスマスカレンダー...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「和トリエ」がコラボレーションした「トラベルティー」です。
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
茶葉が飛び跳ねるジャンピングという現象が起きやすいように、ピラミッド型にデザインされたティーインフューザー「TRI」。これまでと異なるのは、そのルックスです。
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...