クリスマスまで毎日「違う紅茶」が飲める「アドベントカレンダー」

クリスマスを一日一日待ちわびる、そんな思いをお茶に込めて。

「アフタヌーンティー・ティールーム」では、「ブック型」になったアドベントカレンダー「ブックオブクリスマスカレンダーティー」を、11月5日から数量限定で発売している。

アドベントカレンダーは、イエス・キリストの誕生日であるクリスマスまでをカウントするためのカレンダーで、などの仕掛けを開けたなかにチョコやキャンディーなどのお菓子オモチャコスメなどが入っているものが一般的。

この「ブックオブクリスマスカレンダーティー」は、24種類のお茶がセットになっており、クリスマスイブまでの毎日、違うお茶を楽しむことができるようになっている。

同じく発売中のクリスマス期間限定の紅茶や焼き菓子なども含めたパッケージは、すべてドイツ在住のイラストレーターのベリー・アクトゥグルさんが「Christmas Wonderland」をテーマに描いた限定デザインで、素朴でありながら、眺めているだけで明るい気持ちにさせてくれるようなイラストだ。

クリスマスまでの時間がますます楽しみになりそうなアイテム。プレゼントにもいいかも?

©2020 株式会社サザビーリーグ アイビーカンパニー
©2020 株式会社サザビーリーグ アイビーカンパニー
©2020 株式会社サザビーリーグ アイビーカンパニー
Top image: © 2020 株式会社サザビーリーグ アイビーカンパニー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

小さくてキュートな見た目と本格的なチョコレート作りで知られる人気ショコラティエ店「ベルアメール」から、クリスマス限定の「パレショコラ アドベントカレンダー...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「外ビールが、気持ちイイ!」をテーマに、例年「日比谷公園」で開催される大型ビア&フードイベント「ヒビヤガーデン」が、新たな取り組みとしてプロデュースする「...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。