「あざと可愛い」夏のお紅茶、できました。

女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙なナチュラルメイクが好印象。そんな、ズルい紅茶があるんです。

夏が似合う、
インスタジェニックな紅茶

ちょっと悔しい気もするけれど、派手すぎず、シンプルすぎず、このデザインにときめいてしまう。飲むだけではもったいなくて、空になった瓶もルームフレグランスなどに利用できそう。

こんなコールドブリューをつくった、タイの紅茶ブランド「MALOU Tea Atelier」はたくさんの人に、紅茶を飲む習慣をつくってもらうことを、ミッションとしている。作り手自身が、「飲みたい」と思う最高の紅茶だけを提供しているのだ。

本当の魅力は
「フタを開けてから」

MALOUの紅茶は、茶畑へ直接足を運び、オーガニックであって、伝統的に使われている茶葉を選んでつくられたもの。普通の水出しとは違って、茶葉を水につけた後に、太陽の下に8〜12時間置いておく「サンブリュー」を取り入れることで、より色鮮やかになり、味が出て、カフェインが少なくなるのだそう。

綺麗にパッケージングされて店頭に並ぶまで、すべての工程が手作業で、丁寧に仕上げられているというから驚き。

わかっていても「あざと可愛い」にハマってしまうのは、外見だけじゃなく、知れば知るほど「魅力」が明らかになるから。そこには、たくさんの試行錯誤が隠されている!

Licensed material used with permission by Malou Tea Atelier
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
甘さを逆手に利用してつくるタイ風の甘々アイスティーのグラニテ(氷菓子)で、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!
ミント味のシロップを水や炭酸水で薄めた、フランスの夏の定番ドリンクです。
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
バッキンガム宮殿近くに位置するホテル「The Rubens at The Palace(ルーベンス アット ザ パレス)」。ここではなんと、1ポット500...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?