お湯?ミルクシェイク?いますぐ試したい「コールド・ブリュー」のツウな飲み方

近年、欧米でも流行中のCold Brew(コールド・ブリュー)。カフェで聞こえてくる注文は、もっぱら「コールド・ブリューちょうだい」だ。

日本でも専門店はもちろん、ビンやパックでも売り出されている。今回は、そんな人気沸騰中のコールド・ブリューの美味しい飲み方を、ブルックリンにあるカフェのバリスタに聞いてみた。バリスタたちも、いろんな店のコールド・ブリューをチェックしているみたい。

01.
コールド・ブリューのお湯割

26d7a276e26ad13e6fd9d615f803a1b5e157ceca

ちょっとびっくりだが、コールド・ブリューは、お湯で割って飲むのもオススメだそう。お湯で抽出したコーヒーよりも、酸味が弱くてまろやかだから、普通のがちょっと苦手な人にもいいかも、とのこと。

02.
ミルク割り。
アーモンドミルクが特に美味しい

C98c010c60edb2648da008765bc7311c2e208639

実際に試してみたが、ラテよりちょっと薄めで、カフェ・オレという感じ。ほんのり甘いアーモンドミルクは、特に相性が◎。

03.
コールド・ブリュー・ミルクシェイク

0eb1db5a15692f16215e3af5983981c0211f992c

Photo by Kohei Kawashima

普通のミルクシェイクに、抽出したままの濃いコールド・ブリューを加えれば完成。エスプレッソ入りのミルクシェイクよりも、だいぶ苦味を抑えた感じになる。

5d9ce1d51b9790364e8a5cfff9aa6c8f07aa7db2

Photo by Kohei Kawashima

ニューヨークのカフェでも、エスプレッソ・ミルクシェイクに加えて、コールド・ブリュー・ミルクシェイクを出す所が増えている(今回はOdd Fellowsより)。

04.
ニューオーリンズ・スタイル

コーヒーに炒ったチコリ(キク科の多年生野菜)を加えて、12時間寝かせたのがニューオリンズ・スタイル。もともとは、フランスの植民地だったためにコーヒー豆が不足して、苦味のあるチコリをローストしてかさ増ししていたのがはじまり。

でもチコリって…簡単に手に入るの?という感じなので、「代用できるの?」と聞いてみた。すると「苦めの何かで試してみたら?」だった。ジャスト・トライ、と。なんだろう、もしいい案があったら教えて欲しい。

自宅でできる、ニューオリンズ・スタイル・コールドブリュー

①400gの豆を粗く挽く。

②炒ったチコリー40gを加える。

③鍋へ。そこに、2Lちょっとの水(浄水器などでろ過したもの)を加える。ちなみに鍋は、ルクルーゼのストックポットが一番いい!

④12時間、水に浸してそっとしておく。室温。

⑤時間がきたら、目の細かい濾し器で、豆殻が入らないようにコーヒーだけ注ぎ出す。

⑥シロップを80g足す(足さなくてもOK)。よく混ぜて完成!あとは水で割ったり、お湯で割ったり。ミルクを足したり、アイスでコーヒーフロートにしたりして、自由に味わう。

夏はもっぱら麦茶な筆者だが、今年の夏はいろいろ試してみようと思う。

あ、そうだ。アーモンドを炒ったものを、一緒に鍋に入れるのもいいそうだ。バニラエッセンスを一滴垂らしてみるのもどうだろう。ベトナム・コーヒーっぽく、コンデンスミルクもアリだと思う。

自分的ベストなコールド・ブリュースタイル、夏の終わりまでには見つけたいですな。

HEAPS

「時代と社会の、決まり文句にとらわれない」ニューヨークに拠点を置く、サブカル&カウンターカルチャー専門のデジタルマガジン。世界各都市の個人・コミュニティが起こすユニークな取り組みやムーブメントをいち早く嗅ぎつけ配信中。世界のマイノリティたちの生き様を届けます。www.heapsmag.com

暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
人生最後に1つだけ願いが叶うとしたら何がいいか。アメリカで人生の最期をホスピスで送っていた女性の場合、地元の「ミルクシェイク」を飲むことでした。友人やレス...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
「ヌートロピック」という言葉を聞いたことがあるかもしれない。向知性薬と呼ばれていて、脳機能を活性化させるためのサプリメントを指している。このコールドブリュ...
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
はっきり言って、ココアの飲み方が変わります!
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...