お湯?ミルクシェイク?いますぐ試したい「コールド・ブリュー」のツウな飲み方

近年、欧米でも流行中のCold Brew(コールド・ブリュー)。カフェで聞こえてくる注文は、もっぱら「コールド・ブリューちょうだい」だ。

日本でも専門店はもちろん、ビンやパックでも売り出されている。今回は、そんな人気沸騰中のコールド・ブリューの美味しい飲み方を、ブルックリンにあるカフェのバリスタに聞いてみた。バリスタたちも、いろんな店のコールド・ブリューをチェックしているみたい。

01.
コールド・ブリューのお湯割

26d7a276e26ad13e6fd9d615f803a1b5e157ceca

ちょっとびっくりだが、コールド・ブリューは、お湯で割って飲むのもオススメだそう。お湯で抽出したコーヒーよりも、酸味が弱くてまろやかだから、普通のがちょっと苦手な人にもいいかも、とのこと。

02.
ミルク割り。
アーモンドミルクが特に美味しい

C98c010c60edb2648da008765bc7311c2e208639

実際に試してみたが、ラテよりちょっと薄めで、カフェ・オレという感じ。ほんのり甘いアーモンドミルクは、特に相性が◎。

03.
コールド・ブリュー・ミルクシェイク

0eb1db5a15692f16215e3af5983981c0211f992c

Photo by Kohei Kawashima

普通のミルクシェイクに、抽出したままの濃いコールド・ブリューを加えれば完成。エスプレッソ入りのミルクシェイクよりも、だいぶ苦味を抑えた感じになる。

5d9ce1d51b9790364e8a5cfff9aa6c8f07aa7db2

Photo by Kohei Kawashima

ニューヨークのカフェでも、エスプレッソ・ミルクシェイクに加えて、コールド・ブリュー・ミルクシェイクを出す所が増えている(今回はOdd Fellowsより)。

04.
ニューオーリンズ・スタイル

コーヒーに炒ったチコリ(キク科の多年生野菜)を加えて、12時間寝かせたのがニューオリンズ・スタイル。もともとは、フランスの植民地だったためにコーヒー豆が不足して、苦味のあるチコリをローストしてかさ増ししていたのがはじまり。

でもチコリって…簡単に手に入るの?という感じなので、「代用できるの?」と聞いてみた。すると「苦めの何かで試してみたら?」だった。ジャスト・トライ、と。なんだろう、もしいい案があったら教えて欲しい。

自宅でできる、ニューオリンズ・スタイル・コールドブリュー

①400gの豆を粗く挽く。

②炒ったチコリー40gを加える。

③鍋へ。そこに、2Lちょっとの水(浄水器などでろ過したもの)を加える。ちなみに鍋は、ルクルーゼのストックポットが一番いい!

④12時間、水に浸してそっとしておく。室温。

⑤時間がきたら、目の細かい濾し器で、豆殻が入らないようにコーヒーだけ注ぎ出す。

⑥シロップを80g足す(足さなくてもOK)。よく混ぜて完成!あとは水で割ったり、お湯で割ったり。ミルクを足したり、アイスでコーヒーフロートにしたりして、自由に味わう。

夏はもっぱら麦茶な筆者だが、今年の夏はいろいろ試してみようと思う。

あ、そうだ。アーモンドを炒ったものを、一緒に鍋に入れるのもいいそうだ。バニラエッセンスを一滴垂らしてみるのもどうだろう。ベトナム・コーヒーっぽく、コンデンスミルクもアリだと思う。

自分的ベストなコールド・ブリュースタイル、夏の終わりまでには見つけたいですな。

HEAPS

「時代と社会の、決まり文句にとらわれない」ニューヨークに拠点を置く、サブカル&カウンターカルチャー専門のデジタルマガジン。世界各都市の個人・コミュニティが起こすユニークな取り組みやムーブメントをいち早く嗅ぎつけ配信中。世界のマイノリティたちの生き様を届けます。www.heapsmag.com

暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
人生最後に1つだけ願いが叶うとしたら何がいいか。アメリカで人生の最期をホスピスで送っていた女性の場合、地元の「ミルクシェイク」を飲むことでした。友人やレス...
使うときだけフックが現れる。「Köllen Bookshelf」。普段は平面の状態にしておけるから、見た目もスッキリ。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
冬になると飲みたくなるホットドリンクの代表格とも言える、ココア。袋で買ったら、一人暮らしだとどうしても消費しきれないという方も多いのではないでしょうか。そ...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...
「ヌートロピック」という言葉を聞いたことがあるかもしれない。向知性薬と呼ばれていて、脳機能を活性化させるためのサプリメントを指している。このコールドブリュ...