ジブンで淹れてこその「水出しコーヒー」

コーヒースタンドにいけば、もう当たり前のように水出しコーヒーがありますが、この「水出し」ってただ水で抽出すればいいってわけではありません。

そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food52」がご丁寧に動画付きで紹介していました。

アメリカはこの夏も水出しフィーバーのようですよ。

最高の“水出し”を
自分でつくるシアワセ

© Food52

喩えるならば、水出しコーヒーはアイスコーヒーの粋な兄弟。同じものでつくれれているんだけれど、こちらのほうがイケてるようで。そう、今夏のスタイルといえば水出し。カフェインたっぷり、キンキンに冷やした一杯。こんな説明をされれば、必然的にお財布の紐も緩んでしまいますよね。

水出しコーヒーとアイスコーヒーの大きな違いは「温度」です。名前の通り、水出しだからお湯は使いません。では、これが味や濃さにどのような影響を与えているのか?詳しく見ていきましょう。

通常のアイスコーヒーとコールドブリュー、決定的な違いはここ。

◎酸度の低さ:
熱湯にさらさない水出しコーヒーは、そもそも化学的アプローチがドリップコーヒーや通常のコーヒーとは違います。また水出しは酸度が低めのため、お腹を刺激することも少ないのが特長。ホットコーヒーは急激に冷やすことでほろ苦く仕上がりますが、酸度の低い水出しには自然な甘さが残ります。

◎氷が溶けて薄まったりしない:
氷を入れたコップにホットコーヒーを注いだ経験があれば、水で薄まったそれを飲んでいるはず。悲しい気持ちになりませんか?けれど、水出しコーヒーならば、そんな不快感も払拭。というのも、そもそも冷えた水から抽出するわけでし、それでなくても室温程度なので、氷を入れるか入れないかはお好み次第。

◎カフェイン強め:
たしかにカフェインは熱湯のほうが溶けやすく、抽出されやすい成分です。でも水出しコーヒーのほうが実際のところコーヒー豆に対する水の割合が高く、抽出に時間もかかるため、カフェインが強め。強さを抑えたい場合は、ミルクかクリームを足せばOK。

コーヒースタンドでも水出しは、アイスコーヒー以上に値が張ります。ならば自宅でつくって、それを持って移動すればいい。たった3ステップでおいしい水出しの完成です。

大きな容器でもフレンチプレスでも、メイソンジャーでもOK。毎日水出しが飲みたいという人は、専用容器も売っていますが、コーヒーと水さえ入れば、容器はどんなものでも構いません。

ここでは、私たちが一般的に使用する、家庭にある容器とフレンチプレスを使用した方法をご紹介。水出しコーヒーを淹れるのって、こんなにカンタンだったんだ!

コーヒー豆は
粗めに挽くが正解

©Food52

コーヒー豆と水の割合、これは飲む人の好みいかん。参考までに豆3/4カップ(160g)、水4カップ(800cc)の場合、フレンチプレスで945ミリ抽出が可能です。容器に合わせて量を2倍(豆+1.5カップ、水+4カップ)に変えたり、3倍に変えるのもOK。

次に豆を粗く挽いていきます。非常に粗く、です。細かく挽きすぎてしまうと、濁ったコーヒーになってしまうので要注意。

水に浸けたら
あとは待つのみ

©Food52

フタを必要としない容器(プラスチックでも、ガラス製でも、セラミック製でもOK)にコーヒーを注ぎます。コーヒーとお水が収まる、深めの容器を選びましょう。さらには漉すときに持ち上げられるくらい軽めのものがおすすめ。

フレンチプレスの場合は、コーヒーをキャニスターの一番下に入れます。容器を使う場合もフレンチプレスの場合も、お水はゆっくり足していきましょう。やさしく混ぜながら、コーヒーの粉をまんべんなく湿らせていくイメージで。

大きな容器を使う場合は、チーズクロスやガーゼで上を覆ってあげましょう。フレンチプレスの場合はフタをかぶせて(でもつまみはまだ押さないで)、室温で12時間ほど放置します。

長い時間浸しておくとしっかり抽出できるので、あまり焦らず気ままに放置してあげるくらいでOK。

じっくり、漉していく

©Food52

容器を使っている場合はクロスを外します。クロスはこし器に移しましょう。大きめのピッチャー、あるいはボウルなど、水出しコーヒーを淹れる容器を用意します。

放置しておいたコーヒーは、こし器を通して抽出し、フィルター処理が終わるまで最後に1〜2分待ってから。固形物とクロスを取り除き完成です。フレンチプレスを使っている場合は、つまみを押して抽出しましょう。

これで水出しコーヒーの出来上がり。フタをかぶせておいて冷蔵保存しておけば、2週間は保ちます。氷、ミルク、またはその他お気に入りのフレーバーを混ぜてどうぞ。

©Food52
Written byFood52
Licensed material used with permission by Food52
Top image: © iStock.com/PiyawatHirunwattanasuk
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
見ての通り、ドリンクディスペンサー型になっているところがイイ! カウンターやテーブル横にセットしておけば、ドリンクバーよろしく、いつでもアイスコーヒーが楽...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。