ひと晩寝かせた「魔法」のコーヒー

次から次へと新しいカフェがオープンしている日本。
それくらいコーヒーラバーな日本人はたくさんいるんですね。

じつは、欧米や日本に負けないくらいモロッコでもカフェ文化が根付いているのだそう。タジン鍋やクスクスを使った料理が有名ですが、その一方でコーヒーもかなり愛されているみたい。

毎朝新聞を読みながらゆっくり一杯……なんて具合に、もはや生活の一部に溶け込んでいるんだって。そして、料理にハーブやスパイスをふんだんに使う彼らなだけに、なんとコーヒーにまでスパイスを求めちゃうみたい。「Food52」のKaren Loさんがいうに、究極の味わいが楽しめる"魔法のコーヒー"には、このスパイスが欠かせないのだとか?

シナモンを入れたコーヒーを
ひと晩寝かせる!

新しいコーヒーを考案するとき、私たちは手法や最新ツールに目を向けがち。(たとえば水出しだとか、新たな器具を使うとか)。
ですが今回は具材に注目。

その名も「魔法のコーヒー」。
アイスコーヒーに対する考えが、ガラッと変わるはず!

5048881360404480

このコーヒーのおいしさの理由は「シナモン」を使っているから
シナモンを入れると、シンプルなコーヒーでも、スパイシーかつ複雑な味に変えてくれるのです。この方法は、モロッコや中東などで人気なのだそう。私が今回ご紹介するのは、このコーヒーにさらにダークブラウンシュガーを小さじ何杯か加えて、ひと晩寝かせるレシピです。これをすることで、感動の味に大変身。

ミルクとクリームを入れてもいいですし、あるいはフェンネルとアーモンドエッセンスをプラスして、スカンディナビア風に仕上げるのもアリ。
リッチな味わいのこのコーヒーさえあれば、朝もバッチリ目が覚めそう。

そして、何が一番魅力かというと、応用が効くところ。
たとえば、シナモンの代わりにカルダモンを使うとか。ベトナム人のようにまろやかさを求めて、ミルクの代わりに練乳を入れるとか。何をどう入れても、最終的にはおいしい一杯ができちゃうから、"魔法"のコーヒーなんでしょう。

まずはベースのコーヒー作り…

〈材料〉
・粗挽きコーヒー:2/3カップ
・水:3カップ
・シナモン:ティースプーン1杯
・ブラウンシュガー:テーブルスプーン3杯

1.材料を蓋つきのジャーに入れてかき混ぜる。
2.カバーをして、一晩冷蔵する。

 

できあがったら仕上げを…

〈材料〉
・ミルク(またはクリーム、またはハーフアンドハーフ)
・氷:適量

1.茶こしなどでコーヒーをこしたら、保管しやすいよう瓶に戻す。
2.氷を入れたグラスにコーヒーを3/4ほど注ぎ、ミルクを入れて完成。

 

6719565253836800
Written byKaren Lo
recipe byErinH
Licensed material used with permission by Food52
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...