自分で淹れるコーヒーを「カフェの味」に近づけましょ?

ひと昔の喫茶店では、コーヒーは奥で淹れられ、運ばれてくるものでした。しかしスタバの登場以来、バリスタがコーヒー豆を挽き、コーヒーを淹れる姿が目の前で見られるようになりました。その姿を見ていると、自分もマネして家で淹れてみたくなっちゃいますよね。

それで同じように家でやってみると、なんか味が違う……。

もちろんあちらはプロなのでしょうがないんですが(笑)少しでも近づけるように、いつもの“おうちコーヒー”にちょっとした変化を加えて淹れてみましょう。

この3つの工程を少し変えるだけで、大きく味を変えることができるんですよ。

 

01.
コーヒーミルをGET
(安いもので十分)

コーヒーを飲む直前に豆を挽くことで、味はかなりアップグレードします。コーヒーミルを使うのは、ちょっとハードルが高いような気もするかもしれませんが、そんなに高価なものでなくていいんです!1000円台のものでOK。
自動と手動がありますが、わたしのオススメは手動です。自分でゴリゴリ豆を挽くことにリラックス効果もあると思うんです。自分で挽いた豆で淹れるコーヒーなら、さらにおいしく感じること間違いなし。

02.
荒くするか細かくするか。
「豆の挽き方」にこだわる

豆の挽き方次第で、味はすごく変わります。
細かめに挽くと、お湯が一気に通るため、成分がたくさん出て濃いコーヒーに。荒く挽くとお湯がゆっくり通り、スッキリした味わいになります

そして抽出する器具によって、挽き方の調整が必要です。たとえば、ペーパードリップやコーヒーメーカーで淹れる場合は、中細挽き。グラニュー糖くらいの大きさです。フレンチプレスなら、ザラメくらいの大きさの粗挽きがベストです。

03.
「やかん」は卒業!

おいしいコーヒーを出してくれるカフェを思い出してみてください。
そこでは「お母ちゃんのやかん」みたいなの、使われてないですよね?

コーヒーを淹れるのにも、適した「やかん」があるのです。「ケトル」とスマートに呼んだりしますが、そのポイントは細長い注ぎ口。お湯をゆっくりと丁寧にそして均等に注ぐことができます。注ぎ口が短くて大きいようないわゆる「やかん」だと、ドバッと一気にお湯が出てしまうため、繊細な調整ができないのです。

ぐるぐると円を描くようにお湯を入れてみてください。コーヒー粉がマフィンみたいにボワンと盛り上がるのがGOODなサインです。コーヒー用のケトルがあるだけで、かなりレベルアップできます。

以上、3点でした。

シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。お家にミルとケトルを揃えると、カフェでバリスタさんの手元が、今よりももっと気になってくるはず!いろいろ質問してみるのもいいかもしれないですね。バリスタさんは毎日おいしいコーヒーを淹れているプロなので、さらにおいしくなる新しいコツを教えてくれると思いますよ。

おうちコーヒー、どんどんアップグレードしちゃいましょう!

関連する記事

その日の気分によって豆を挽きたかったり挽きたくなかったりする。そんなコーヒー好きの悩みを解決してくれるのが、電動式と手挽きが両方可能なコーヒーミル「ARCO」。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
折り紙のように組み立て&折り畳みができて、コンパクトに持ち歩ける便利なアウトドアマット「オリガマット」が「Makuake」にて販売中。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
「ドリルドリッパー DRILL DRIPPER」は、付属のアタッチメントを交換し、コーヒーを淹れる時のドリップの速度を変えられるドリッパー。その日の気分で...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
缶詰だけで十分にお酒が楽しめる、「グルメ缶」をセレクト。