私がコーヒーとサウナにハマった理由

「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が大きいような気がします。

現に私は、8年前までコーヒーを一切飲まない人生を送ってきたので、その反動が大きすぎたのか、今ではコーヒーの本まで出し「あぁ、あのコーヒーの人ね」なんて言われるようにまでなりました。

「あれ…なんかいいかも」
 の法則

そんな私が、コーヒー以来の絶賛大ハマり中なのが、サウナです。小さいときからお風呂や温泉は大好きだったので、お風呂のスペースを小さくする原因にもなっているサウナと水風呂を、当時から疎ましくさえ思って生きてきました。

「あの水風呂、誰も入ってないんだからお湯にすればいいのに」

と。

今ではそんな風に思っていたかつての自分にビンタしたい気分です。

コーヒーにハマったのは、シアトルに住むようになり、本当においしいコーヒーが簡単に飲める環境だったことから。周りのコーヒー好きな人たちに「おいしいコーヒーとはどんなものなのか」を教わったのも、大きかったと思います。

そしてその法則は、サウナも同じでした。日本に長期帰国している間に、ビンちゃんことTABI LABOの久志さんにサウナの入り方を教わったのがきっかけです。「とにかく信じてやってみて!」と教わった通りに入ってみて、今までの「食わず嫌い」から「あれ、なんかいいかも?」に変わりました。

コーヒーのときも、コーヒー好きの友人に「絶対おいしいから!」とオススメされたものを飲んでみて「あれ、おいしいかも?」とだんだんハマりました。サウナもそれ以来、いろんなところに行ってみたいと思い始め、だんだんハマっていきました。

「いろんなカフェのいろんなコーヒーを飲んでみたい」と思ったときと、まったく同じ原理ですね。ハマりの法則です。

疲れをとる「サウナ」
集中力を高める「コーヒー」

1529e5dfd36ff2a76b62767838538a292e982dc8

最近は「サウナー」と呼ばれるサウナ好きの人たちとの出会いも増えました。それで気づいたことがあります。コーヒー好きが必ずしもサウナ好きとは限らないけど、サウナ好きはコーヒー好きばかりだ、ということそれでなんとなく、コーヒーとサウナの共通点ってなんだろう? と考えてみました。

まずは、味と感じ方。コーヒーには独特の苦さがありますよね。でもその苦さがだんだんおいしさに変わっていきます。サウナも最初は熱くてつらくて、水風呂は心臓が止まるかと思うほどの冷たさです。でも慣れてくると、そのコンビネーションが気持ちよくなってきます。つらさを乗り越えたその先に待つのは、快楽なのです。

次に、飲み方と入り方。コーヒーはその日の気分によってブラックにしてみたり、ラテにしてみたり、はたまたミルクや砂糖を入れてみたりと、色々バラエティがあります。そしてそれは、サウナも同じです。その日の体調や気分で長く入ってみたり、短く入ってみたり、乾式サウナやミストサウナなど、バラエティがあります。コーヒーもサウナも自分の体調や気分で、自分にとって1番心地いいように調整が可能なのです。

最後に、私が感じる効能について。コーヒーを飲むとシャキッとして集中力が高まります。同時にホッとすることもできるので、コーヒーは私にとって魔法の飲み物です。サウナと水風呂は繰り返して入ること(温冷交代浴)で疲労が回復するのを感じますし、頭もスッキリします。

私の場合、サウナのあと休憩をしていると色んなアイデアが浮かんできたり、頭の中を整理整頓できることが多いです。そしてコーヒーを飲むと、そのアイデアや整頓したやるべきことを集中して遂行できる気がします。ただ、そんな共通点が多いサウナとコーヒーですが、同時の食べ合わせはイマイチです(笑)。

もしもコーヒーがなかったら今ほど仕事に集中できていないと思いますし、サウナがなかったらいつも疲れ切った調子の悪い人だったと思います。コーヒーとサウナに出会って良かった、と思う毎日です。

日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...