シアトルで感じる「スターバックス」の巻き返し

私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいです。

「シアトル=コーヒーの街」のイメージを作り上げたのは、他でもないスターバックスなのです。

なんだかんだで
行ってしまうスタバ

1971年にシアトルで開業したスターバックスは、コーヒーを身近な飲み物に変え、さらにコーヒー業界に新しい風を吹かせ続けてきました。今では角を曲がればどこにでもあるほどですが、日本に上陸した当初は、数年前にブルーボトルが日本に来たときのように並んでいましたもんね。

最近はおしゃれなサードウェーブ系カフェの存在に押されて、コーヒー界のファーストフード的な存在になってきています。実際、コーヒーの味は…どうかな? という感じですが、どこにでもあって、どこへ行っても出てくるものが同じ、という安心感。土地勘のない場所や空港で必ずスタバへ行ってしまう私は、なんだかんだでやっぱりスタバなんだなと思ったり。そんなスタバですが、ちょっとずつ変わりつつあるような気がしています。

驚くほど便利なアプリ

まず最近、久しぶりにアメリカのスターバックスに行ってみてびっくりしたのがアプリ。

アプリを開くと、自分の近くのお店を選んで、オーダー・支払いまでできます。

アプリ内で、細かいカスタマイズも可能です。

そのお店に着く頃にはドリンクができあがっているので、受け取って終わり。

戸惑うほど早く、そして便利です。日本にもこのシステム、そのうち上陸するんでしょうか。

スターバックス・リザーブで
一歩踏み込んでみる

そして「スタバはコーヒーの味がちょっとなぁ…」と思ってずっと行っていなかったみなさん。「スターバックス・リザーブ」はご存知でしょうか?

限られた店舗のみにある、厳選された稀少な豆をそれに合った抽出方法で個々に淹れてくれるシステムです。これは美味しいです。豆ごとに違う淹れ方をしてテイスティングさせてくれたり、もう一歩コーヒーの世界に踏み込むことができます。

シアトルの街のど真ん中には、そのリザーブコーヒーの総本山「リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティング・ルーム」という、まるでサイエンス・ラボのような焙煎工場とテイスティングルームが一緒になった、巨大な旗艦店があります。

現在は、スタバ1号店とここがシアトル観光の目玉のひとつとなっています。

ここはきっと、スタバ好きじゃなくてもワクワクしてしまう場所です。中に入ると目に飛び込んで来る巨大な焙煎機がずっとコーヒーを焙煎していて、店内に張り巡らされたパイプを通って移動する様子を見ることができるので、本当に工場の内部に潜入した気分になります。

もちろん、焙煎したての豆と抽出器具を選んで飲むことができます。そしてなんとこのロースタリー、来年東京にも上陸する予定らしいです。コーヒー界のファーストフードとなっていたスターバックスが今、巻き返しをかけてきています。

日本のコーヒーシーンも、ますます面白くなりそうですね。

スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
日本初。世界で5店舗目のスターバックス リザーブ® ロースタリーが中目黒にオープン!
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
今回は高輪ゲートウェイ駅にあるスターバックスコーヒー。日本初のキャッシュレス特化型店舗としてオープンしたスターバックスにある「SMART LOUNGE」っ...
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
2月初旬、英国の「Starbucks(スターバックス)」が「#whatsyourname」キャンペーンの一貫で公開した“トランスジェンダーの若者を支援する...
あなたのワクワクを刺激する新時代のドリンクをピックアップ。
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
国内初、世界で5店舗目の「手話」が共通言語になるスターバックス「サイニング ストア」が、2020年夏にオープン。
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
コンセプトは“はたらく人のための「夢中になれる場所」”というビジネス利用を意識した「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」が7月30日にオープン。
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
イギリスにあるサファリパーク「リンカンシャー・ワイルドライフ・パーク」に、8月中旬、5匹のオウムが新加入。しかし、加入早々オウムたちは強制的に表舞台から退...
ゾンビの夢の意味とは?夢占いの専門家がゾンビの夢の意味について、ゾンビの種類、シチュエーション、あらわれた場所別に解説します。
「スターバックス」が米国の一部の店舗で「従業員の顔ピアスの着用」を認めるようだ。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
8月4日、渋谷の新たなランドマーク「MIYASHITA PARK」に、都内5店舗目となる公園店舗「スターバックス コーヒー MIYASHITA PARK店...
つい先日、スターバックスが店内の無料Wi-Fiを使ってのアダルト動画検索および視聴をブロックしたと発表。この動きに対し、アダルト業界も黙ってはいません!