シアトルで訪れてほしい「コーヒーロースターカフェ」3選

シアトルというとスターバックスのイメージが強いですが、インディペンデント系のカフェも負けていません。数分歩くごとにスタバがゴロゴロあるので、インディペンデント系は目立ちにくいのですが、地元の人はどこが美味しいのかをちゃんとわかってます。

シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。

古き良き昔ながらのロースターからサードウェーブ系まで、シアトルにはいろんなタイプのロースターカフェがあるので、豆の味だけじゃなくてお店の雰囲気の違いを楽しむのもいいかもしれません。もし旅行でシアトルに来ることがあれば、ぜひ時間を作って行っていただきたい、私のお気に入りのロースターを3軒ご紹介します。

01.
Lighthouse Roasters

まずは、私が愛してやまないロースターカフェ「Lighthouse Roasters」。

Fremont(フリーモント)というアーティスティックな街の少し奥の住宅街にあり、なかなか偶然には見つけられないお店です。お店の奥には山積みになったコーヒーの麻袋があり、大きな焙煎機がずっと稼働しています。ここのアメリカーノは有名で、濃くてコクがあるのにスルスル飲めてしまいます。Wi-fiがなくてあまりゆっくりできないところが、じつはけっこう好きです。近所の人が美味しいコーヒーを一杯飲む間だけ、ゆっくり新聞を読んでいる、そんなカフェです。

もう20年以上ここでやっているとのこと。家で飲むコーヒーは、ずっとここの豆を使ってます。

02.
Elm Coffee Roasters

次はシアトル・マリナーズの球場、セフィコフィールドのすぐ近くにある「Elm Coffee Roasters」。

ここは、本当にここ2〜3年でできた新しいロースターです。お店に入って正面にある巨大なロースターマシンは、香ばしい匂いを店中に漂わせます。私はシアトルでは昔からずっとあるような古いロースターカフェに行きがちなので、ここは新鮮でした。

高い天井と、シンプルなのにおしゃれなインテリア。雰囲気的にサンフランシスコにあるコーヒーショップっぽいなと思います。シアトルの街にサードウェーブの新しい風を吹かせているお店です。そしてとにかくインスタ映えするお店でもあります。

03.
Caffe Umbria Artisan
Coffee Roaster

Elm Coffee Roastersからそんなに離れていないパイオニアスクエアにあるのが、「Caffe Umbria Artisan Coffee Roaster」。

こちらはなんと1940年代創業という老舗で、シアトルでは珍しいザ・イタリアなロースター・カフェです。お店に入ると、なんだかイタリアの街角にあるカフェに来たような気分になります。

そして、豆の種類も豊富です。私はここのエスプレッソの豆が好きで、コーヒーを頼むと小さい板チョコがもらえるのも、なんだかイタリアっぽい。Umbriaは店内にロースターマシンを置いていないので、どんなマシンなのかなとInstagramをのぞいたら、とても巨大でかわいい色のマシンでした。1日に4,000kgも焙煎できるとのこと。圧巻!

いかがでしたか? 3軒ともそれぞれ全然違う雰囲気でオリジナリティがあって、私は大好きです。すべてシアトル市内なので、数時間あれば回れますしね。

シアトルへお越しの際は、ぜひ1軒でもいいので足を運んでみてください。

Reference:Caffe Umbria
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...