コーヒーナップを取り入れた「最高のお昼寝」ができるカフェが、さらに進化

東京・大井町にある「ネスカフェ 睡眠カフェ」は、短い昼寝の前にカフェインを含むコーヒーを飲むことで、ちょうど起きた頃にシャキッとし、その後のパフォーマンスに役立つといわれている「コーヒーナップ」が体験できるスポットとして人気。

2019年12月4日より提供をスタートした「新ナップコース」は、睡眠、とくに眠気の科学の第一人者である広島大学・林光緒教授が監修を担当。既存の「ナップコース」をさらに進化させたものになっているという。

仮眠室の壁面には窓枠のようなスクリーンが設置されており、カフェインを含むコーヒーを飲んだ後、入眠前には徐々に暗くなる森林の映像、起床時には青白い月明かりの映像が流れるとともに、リクライニングチェアに座る自身のカラダにも映像が投影される。

林教授によると、睡眠の前はリラックスして「副交感神経」の活動を優位にすることが必要で、脳を活性化するような映像を見ることは避けた方がいいとのこと。そのため、物語性が強くない自然をモチーフにした連続性のある映像を見ることがリラックスにつながりやすく、入眠時には適しているとか。

また、起床時にしっかり目覚めるためには、「交感神経」の活動を優位にすることが重要で、このような効果を導きやすい情動的な映像がスクリーンや自身のカラダに投影されると、昼寝前に飲んだコーヒーのカフェインとの相乗効果で起きた後にシャキッとし、その後に高いパフォーマンスを発揮することが期待できるそうだ。

近年、社会的に大きな問題となっている日本人の睡眠不足や睡眠負債にも役立つとされ、注目される「昼寝」。コーヒーナップを応用した新しい睡眠スタイルを提案する体験型カフェは、試してみる価値ありだ。

©2019 ネスレ日本株式会社
Top image: © Annette Shaff/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。