帰国して驚いた。「カフェでパソコン」は日本じゃキモいの?

約10年前、シアトル市内最大のスターバックスへ初めて行ったときのこと。お店の扉を開くと、そこに広がるのはパソコンに向かっている人、人、人! カルチャーショック…というよりも、とにかく当時日本では見たことがない光景でした。

そしてそれは、スターバックスだけではありませんでした。シアトルのカフェでは、学生さんが昼夜構わず勉強していて、課題をこなしたり、グループで勉強会を開いていたり。ビジネスマン、プログラマー、いろんな人がパソコンに向かいながらコーヒー片手に黙々と仕事をしています。

コーヒーを飲みに来ている、というよりは、コーヒー代を払って場所を借りている感覚。お店側もコーヒーさえ頼んでくれていたら、どれだけ長居しようが全然気にしていない様子。

家よりはかどるから
仕方ない

かくいう私も、家で仕事をしようと思えば思うほど、ついテレビを見てしまったり、仕事とはまったく関係ない知識をWikipediaで読み漁っているうちに数時間経っていたり、ゴロンと寝転がって休憩しているうちに寝てしまったり…。

ダラける誘惑のない環境に自分自身を置くため、徐々に私もカフェで仕事をするようになりました。その居心地の良さに「ここが自分のオフィス」と言わんばかりに、毎朝、まるで出社するかのようにカフェ通い。

甘すぎる自分に“他人の監視”をつけられるカフェは、仕事をするのに最適。それに、他の人に淹れてもらうコーヒーのほうがおいしいですしね。とくに私のようなフリーランスにはもってこいです。2015年に本を出版したんですが、実は一冊書き上げたのもカフェでした。家だったらダラダラして締め切りに間に合ってなかっただろうな、って今でも思います。

「迷惑」「うるさい」
「きもい」

ところが、そんな「カフェでパソコン」が普通であることにどっぷり浸かっていると、これまた“逆カルチャーショック”という現象が起こります。日本では「カフェでパソコンを開いていると“意識高い”感じがする」らしいじゃないですか。

決して昔の話でもなく「カフェ パソコン」で検索してみたら、関連キーワードにはこんなものも出てきました。

喫茶店 パソコン 迷惑
カフェ パソコン うるさい
カフェで仕事 迷惑
スタバ パソコン きもい
カフェ パソコン 何してる

「迷惑」「何してる」というネガティブワード祭りです…。日本では、カフェで仕事や勉強をするという文化は栄えないんでしょうか。最近はコンセントなど環境が揃ったカフェも増えているように感じますが、やっぱりまだまだやりにくいのかなぁ、なんて思ったり。

「自分以外のこと」を
気にしすぎ?

もちろん、コーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると、あまり感じが良くないと思われるのかもしれませんし、日本はアメリカのように「隣の人が何をしていようが、個人の価値が1番大切」という文化でもないですからね

フリーランスや、在宅勤務OKの会社が、日本でも増えているのは事実。もともと「パソコン+カフェ=普通」という前提の、シェアオフィス×カフェみたいな場所が今後増えれば、日本にももっと馴染んでいくのかもしれないですね。

メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。ワーキン...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...