Wi-Fiなし、パソコン持ち込み禁止のカフェに人が集まる理由

窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。

ワーキングスペース代わりにしたり、タイムラインを永遠とスクロールしたり、まあそれをするのにカフェである必要なんて特にないのに、カフェの方がどんどんと便利になってくれた印象。

 

でも、ここは違います。

Wi-Fiの代わりに
FACE to FACEで
つながるカフェ

C4ed0fbc2c344a0b91e372ac870e24c3d8354f70
Photo by Anne Neri Kostiner (Face to Face Communication)
Photo by Kelsie May Johnson

シカゴLincoln Parkに登場したブックカフェ「kibbitznest」は、あえてWi-Fiを飛ばさないばかりか、パソコンの使用、持ち込みも禁止、さらにはスマホの使用も控えめに、という独自ルールを定める、いまどきの感覚からすれば使いにくいカフェなのです。

じゃあ、その代わりに何をして楽しむのかっていうところ、これがとてもユニーク(ともはや感じてしまう)でした。

スマホゲームの代わりに、ボードゲーム

Photo by Anne Neri Kostiner

イヤホンの代わりに、ライブコンサート

Photo by Anne Neri Kostiner

メールの代わりに、タイプライターで手紙

Photo by Jodi "Wenchypoo" C. (Picture of Typewriter)

例えば、ちょっとした図書館ばりに取り揃えた本を手にとってじっくり読んだり、音楽ライブやトークイベントを開催したり、他にも各種ボードゲームを店で知り合ったお客と楽しんだり。さらにはメールを打つかわりに、タイプライターで手紙をしたためる時間に使うこともできる。

アイデアも情報も、
すべて対話の中から。

快適な椅子やソファもあるけれど、ここのメインは店内真ん中に置かれたテーブルでお客同士が集まり、「ストーリーを語りあい、笑う」ことで、コミュニケーションを広げるというもの。このアナログなスタイルが逆にウケて、パソコンもカバンも持たず手ぶらで訪れるお客が後を絶たないといいます。

つながらないことで
つながり合える場のニーズ

Photo by Matt Kosterman

じつはいま、こうした「つながらないことでつながるカフェ」がアメリカに増えているんだそう。アイデアだけとって考えれば、今にはじまったことでもないのでしょうが、便利の恩恵にあやかりすぎていることが、逆にこんな功罪を生んでいました。

それというのも、フリーランサーやノマドワーカーが多いアメリカでは、開店前からカフェに列をつくり、オープンと同時に長時間ラップトップを開いて居座る、作業目的のお客が多いそう。「本来のカフェの機能が失われ、まるでオフィスのような光景だ」と、kibbitznest創業者のAnnie KostinerはBBCの取材に応えています。

なんだか耳の痛い話。

Wi-Fiやコンセント、一人がけのソファをイマドキカフェの三種の神器とするならば、たしかにどこに個性を見出せばいいんだろう。オープンスペースであることが、逆にカフェの利用目的を限定させているのだとしたら…、なんて考えてしまいました。

Top Photo by Anne Neri Kostiner (Face to Face Communication)
Licensed material used with permission by kibbitznest
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
いつもTABI LABOをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、みなさまにお知らせしたいことがあるんです。TABI LABOは、新たなイベントスペー...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
このお店、居心地がいいんです。けん玉や古本、ちょっと変わった雑貨などたくさんのものが置いてある、茨城県つくば市のカフェ「千年一日珈琲焙煎所」。「オシャレじ...