Wi-Fiなし、パソコン持ち込み禁止のカフェに人が集まる理由

窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。

ワーキングスペース代わりにしたり、タイムラインを永遠とスクロールしたり、まあそれをするのにカフェである必要なんて特にないのに、カフェの方がどんどんと便利になってくれた印象。

 

でも、ここは違います。

Wi-Fiの代わりに
FACE to FACEで
つながるカフェ

C4ed0fbc2c344a0b91e372ac870e24c3d8354f70
Photo by Anne Neri Kostiner (Face to Face Communication)
Photo by Kelsie May Johnson

シカゴLincoln Parkに登場したブックカフェ「kibbitznest」は、あえてWi-Fiを飛ばさないばかりか、パソコンの使用、持ち込みも禁止、さらにはスマホの使用も控えめに、という独自ルールを定める、いまどきの感覚からすれば使いにくいカフェなのです。

じゃあ、その代わりに何をして楽しむのかっていうところ、これがとてもユニーク(ともはや感じてしまう)でした。

スマホゲームの代わりに、ボードゲーム

Photo by Anne Neri Kostiner

イヤホンの代わりに、ライブコンサート

Photo by Anne Neri Kostiner

メールの代わりに、タイプライターで手紙

Photo by Jodi "Wenchypoo" C. (Picture of Typewriter)

例えば、ちょっとした図書館ばりに取り揃えた本を手にとってじっくり読んだり、音楽ライブやトークイベントを開催したり、他にも各種ボードゲームを店で知り合ったお客と楽しんだり。さらにはメールを打つかわりに、タイプライターで手紙をしたためる時間に使うこともできる。

アイデアも情報も、
すべて対話の中から。

快適な椅子やソファもあるけれど、ここのメインは店内真ん中に置かれたテーブルでお客同士が集まり、「ストーリーを語りあい、笑う」ことで、コミュニケーションを広げるというもの。このアナログなスタイルが逆にウケて、パソコンもカバンも持たず手ぶらで訪れるお客が後を絶たないといいます。

つながらないことで
つながり合える場のニーズ

Photo by Matt Kosterman

じつはいま、こうした「つながらないことでつながるカフェ」がアメリカに増えているんだそう。アイデアだけとって考えれば、今にはじまったことでもないのでしょうが、便利の恩恵にあやかりすぎていることが、逆にこんな功罪を生んでいました。

それというのも、フリーランサーやノマドワーカーが多いアメリカでは、開店前からカフェに列をつくり、オープンと同時に長時間ラップトップを開いて居座る、作業目的のお客が多いそう。「本来のカフェの機能が失われ、まるでオフィスのような光景だ」と、kibbitznest創業者のAnnie KostinerはBBCの取材に応えています。

なんだか耳の痛い話。

Wi-Fiやコンセント、一人がけのソファをイマドキカフェの三種の神器とするならば、たしかにどこに個性を見出せばいいんだろう。オープンスペースであることが、逆にカフェの利用目的を限定させているのだとしたら…、なんて考えてしまいました。

Top Photo by Anne Neri Kostiner (Face to Face Communication)
Licensed material used with permission by kibbitznest
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった場所があります。北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たどり着いたのは...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
場所は、NY・ブルックリン。閉店間際のカフェで、ひとり静かにコーヒーを飲んでいたJerryさん。そんな日曜の夜のカフェで起きたのは、美しい奇跡のような出来...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
35歳のとき、脱サラをして世界のカフェを巡った今岡寛之さん。その中で自分にとっての理想のカフェを見出しました。帰国して、理想のカフェを実現できる場所を探し...
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs &...
「WIRED CAFE」や、本インタビューでも登場する「Planet 3rd」「PUBLIC HOUSE」 などを展開する、カフェ・カンパニー代表の楠本修...
イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。それは「ティー...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
2017年9月にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄初のカフェ&ホステルという形態です。お店の名前は、フシギなめぐり合わせ...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...
肥土山(ひとやま)という里山。そこの小さな集落で暮らしている三村さんは、住んでいる家の一部を金曜日と土曜日は解放して、カフェを営業している。『HOME M...
ドイツ・ヴェルトハイム市の一角にある変な家を発見!逆さまだ。まるで竜巻に巻き上げられて頭から落ちちゃったみたい。SNSには周辺や中の様子がアップされている...