「死」について語り合う「カフェ」がブームに

見ず知らずの人たちと集まって、ケーキを食べ、お茶を飲みながら「死」について語り合う──。

ロンドンで生まれたこの「Death Cafe(デスカフェ)」というグループが今、世界中で広がりをみせているという。彼らの目的は、支援することでも、何かの方法を教えることでもなく、「死について考えることで、人々が、有限である人生を最大限楽しめるようにする」こと。

ホスピスの看護師であり、アメリカ・ノースオースティンで開かれているDeath Cafeのオーガナイザーを務めるヘザー・アテナブラックは、Death Cafeという場で自分の恐怖について話すことで、「死」という避けられない現実に備えることができ、それは終末期治療の場面での選択にも役立つと話す。

「ほとんどの人が、人生の終わりを迎える時の、自分の願いがなんであるかについてを話してはいません。でも、そのような悲しみの場面で、愛する人が、何を欲していて、何を欲していないのかを理解するのは、とても難しいのです」

アメリカ人は「死」を認めることが苦手だという。日本人だって、苦手だと思う。Death Cafeという場所が、日本にも必要なのかもしれない。

Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
スウェーデン発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff 」が、先週末11月14日(土)から、カフェレストラン「SNS CAFE TOKYO」をオ...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
マイクロブタとふれあえるカフェ「mipig cafe」の2号店が、2019年11月、原宿にオープンする。目黒の1号店はオープン半年で来店者数は3万人を突破...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
「BOTANIST」は、環境に配慮したサステイナブルな社会を目指す取り組みの第一歩として、また、多様なライフスタイルに合った商品を提供をしたいという想いか...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
韓国・仁川(インチョン)にあるカフェ「LAS Coffee」の紹介です。デザインのベースになっているのはコンクリートですが、もともと古民家だったことを生か...
フェイスブックジャパンは、5月17日から19日の期間限定で「Facebook Café」を原宿にオープン。このカフェ、スイーツもドリンクも全部タダなんです。
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...