「事故死した命」を拾って食べる。殺していいのに、なんでダメなの?

Little Things』で紹介されたのは、サンタ帽子をかぶっているおじいさん。彼は、「事故死した動物しか食べない」ことで地元では有名人なのだそう。

人の食料になるために、動物たちは殺されている。命をいただくということについて、誰もが一度は食育を通して考えたことがあると思うけれど、彼はどうしてもその行為に納得できなかったのです。

事故にあった動物を食べる
それって悪いことですか?

ここ長年、車にひかれてしまったイタチ、ハリネズミ、リス、およびカワウソなどの動物を食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。

たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故で死んでしまった動物を食べたほうがいいのかも?事故死した動物を食べる、と聞くと抵抗がありますが、これが一番「命を無駄遣いしていない」という意見もあるのです。

しかしおじいちゃんが食べていたものには、クジラやイルカなど、拾って食べるのが違法な動物も含まれていました。

そんな動物まで食べちゃっていたなんて……。

次にイルカを食べたら、罰金か6ヶ月刑務所だって言われたよ。

僕の知る限りでは、海岸に打ち上げられた動物を処分するのは所有者の義務なんだ。処分にはすごくお金がかかるけど、食べれば確実に処分できるのに…。

自然界では、死んだ動物は他の動物に食べられて循環するもの。たしかに、それを人間がやっちゃいけないというわけではないのかもしれません。

死んだ動物と、殺された動物
同じだとは思えないのです。

クリスマスには本当はクジラが食べたいおじいちゃんでしたが、今年は普通のターキーを食べることにしたようです。これには家族は大喜びのようですが、Arthurおじいちゃんはちょっと不満げ。

お肉が作られた過程を考えると、「悲しいお肉」だからターキーを食べるのは嬉しくないんだとか。Arthurおじいちゃんは自分が今まで食べてきた「エキゾチック・ミート」が食べたい様子です。

彼の食生活は、今後どうなっていくんでしょうか?

Licensed material used with permission byLittle Things

 

【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポチっと受付中です。こちらからどうぞ

動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
心理学と神経科学を専門とするJulianne Holt-Lunstad教授の研究によると、「寂しさが死に直結する」という危機感を持つべきなのは、私たち人間...
Art&Almondsさん(アーティスト名)が描いた絵は、「動物は種類に関係なくどれも生き物である」という、ある意味当たり前のことを表現している。複雑にな...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
スーパーで売られているお肉を見ても、どんな姿で、どう暮らしていたかまで想像したことなんてない。食事の時「いただきます」って言いながらも、あまり感謝していな...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
殺される夢というのは、どうしても不吉なイメージが付きまといます。しかし、死に関することを無意識が直接的に夢で表現することはなく、殺される夢もまた再生や転機...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
近所に捨てネコがいる。「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。毎日のように子ネ...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...
1989年11月17日に起きたある事故。ユーゴスラビアの鉱山内での火事が原因で、一酸化炭素中毒になり90名の鉱山労働者が命を落としたのです。約28年経った...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...