「孤独死」はむしろ、若者が抱える問題だった。

寂しくて死ぬ動物=うさぎというイメージがあるけれど、何がキッカケだったのかは諸説あって、今もわかっていないらしい。実際のところは、縄張り意識が強い動物で、むしろ単独行動を好むため、ひとりが寂しくて死ぬということは考えられていないとか。動物たちの習性を紹介するPetHelpfulでも、寂しさが死に直結するとは、捉えられていないようだ。

なんてことを調べていたら、むしろこっちの話題に危機感を抱いてしまった。心理学、神経科学を専門とするJulianne Holt-Lunstad教授の研究によると、「寂しさが死に直結する」のは、われわれ人間のほうだって!?

人間は、「孤独」に命を奪われている。

Julianne教授は、「孤独」がどのくらい人間の命に影響を及ぼすかを総勢約400万人を対象に研究。その結果、わかったことはふたつ。

(1)人との繋がりが少なく、社会的孤立を感じている人は、50%以上早死にするリスクが高まる。
(2)1日15本以下のタバコを吸う喫煙者、肥満、大気汚染による身体的な負担よりも、人とコミュニケーションを取らずに生きることの方が、死亡リスクが高い。

北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアについては、さらにこんなことも。「寿命が長い、離婚率が高い、子供が少ない、都市での1人暮らしが多い傾向のある先進国は、他の国に比べて必然的にリスクが高まる」と。

若者の"孤独死"

あらためて<孤独死>という言葉について考えてみたい。一般的には、誰にも看取られることなく亡くなることだと解釈されている。ゆえに、老後のおじいちゃんおばあちゃんのイメージがあると思うけれど、「孤独によって命を落とすこと」と捉えた時にはどうだろう。

自殺大国という悪名を持つこの国。5月18日に厚生労働省が発表した、『自殺対策白書』では、15歳から39歳までの死因の第1位が「自殺」だった。若い世代の自殺者数がこれほど高いのは、先進国では日本だけ。自殺の可能性がある変死も含めれば、もっと数字は膨れ上がるのだと思う。

さらに、家に引きこもって人との関係を遮断している人の数を調べてみると、内閣府の調査で、約70万人にも及ぶということがわかった。15歳から39歳の間で50万人というデータもある。

孤独死の問題を抱えているのは老人よりむしろ、若者ではないだろうか?

ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
ロンドンで生まれた「Death Cafe(デスカフェ)」という文化は、知らない誰かとケーキを食べたりお茶を飲みながら、誰もが迎える人生の最期の時「死」につ...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
“自分たちらしさ”を追求して張り切りすぎたあまり、結婚式前にゲストが出席しないかも、という問題を抱えてしまった新郎新婦。2人は共に数学者でした。数学が絡む...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。