決して人間を受け付けない、立ち入り禁止のゴーストタウン。

1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故。

放射線の影響は薄まってきているとはいえ、今でも周辺地区への立ち入りは禁止されています。

事前にウクライナ政府への申請を済ませ、検問所でパスポートを見せれば通過できるそうですが…。

健康へのリスクを負いながらも、この地区へと足を運んだのがフォトグラファーVladimir Migutinさん。

彼はこう言います。

「この地に訪れたときには、あまり不愉快な想いはしませんでした。逆に、違う惑星のパラダイスにいるような気分になったほどです」

実際にチェルノブイリに行った全ての人が、同じように考えるかどうかは分かりません。

写真に写るのは、観覧車を飲み込むように成長する木々。人間がいなくなったことで個体数が増えた動物。そして、放置されたままの建物。

僕たちに訴えかけるようなメッセージ性があります。

Licensed material used with permission by Vladimir Migutin(Instagram), (Facebook)
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ダークツーリズムの筆頭であるチェルノブイリ。しかし、私たち日本人がこの場所を訪れるには、ややハードルが高い印象がある。それならば、この『Chernobyl...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!