「何とかしたい」をムダにしない。環境問題に対して“ワンコイン”でアクションできるサービス

SDGsへの認識が広がり、環境問題健康への意識が高まる昨今。

その課題の多さや規模の大きさなどから、「個人では何からはじめるべきかわからない」などの悩みの声は少なくない。

そんななか、環境問題へアクションを手軽&気軽に起こせるサービス「Beeslow Club」が登場した。

このサービスでは、地球温暖化への対策生物多様性を促進することに直接つながる「都市の屋上緑化活動」にワンコインで参画が可能。

プランは、500円で屋上にハーブの苗を一つ植えることができる「ワンコインプラン」と、屋上で育てたハーブハチミツなどのリターンを支援額に応じて得られる「サブスクリプションプラン」の2種類。

身近な環境に対して小額から投資可能で、実感も得られやすいため、誰でも肩肘張らずにはじめることができそうだ。

なお、サブスクリプションプランの特典には、いつでもミツバチの様子を観ることができるライブ配信サイトや、「Beeslow」厳選のハチミツが買える会員限定サイトへの招待もあるという。

多くの人が抱く「何とかしたい」という思いを無駄にせず、「確かな一歩」へとつなげてくれる素敵なサービス。詳細は公式ホームページでチェック。

Beeslow 屋上緑化イメージ
©株式会社Beeslow
Beeslow リターンのハチミツイメージ
©株式会社Beeslow
Top image: © 株式会社Beeslow
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Recamp」はキャンプ場をサテライトオフィスにする企画「office to go」を立案。その一環として、現在キャンプ場でのテレワークが500円で可能に!
ミツバチの飼育をする養蜂の問屋として日本最古の歴史を持つ「株式会社秋田屋本店」が、養蜂を通して企業のSDGs活動をサポートする「企業養蜂」事業を今年2月よ...
ここ数年の間にバーチャルインフルエンサーという存在をよく耳にするようになったが、今回注目したいのは「世界初のハチのインフルエンサー」であるミツバチの「B.」だ。
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
大手食品会社「Mars(マース)」がチョコボール「Maltesers(モルティーザーズ)」のおいしさを最大限に引き出すために持ちかけた、ケーキ対決「Bak...
スポーツやレジャー、アウトドアなどさまざまなアクティビティで使われるアクションカメラに注目のギア「Gogloo E9シリーズ」が登場。応援購入サービス「M...
「weMORI(ウィモリ)」は、世界中で必要とされている森林アクションへの寄付が指先で完結し、森林の保護・再生に貢献できる世界初のアプリ。昨年末にβ版がリ...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
都内の空き家を「収納スペース」として有効活用しようという物置のシェアリングサービス「モノオク」の実証実験がスタート。
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
東急線区間を含むPASMO定期券利用者が対象の月額制サービス「TuyTuy」の第1期実証実験が、来月12日(木)から3カ月間、実施される。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
思わず自分の目を疑ってしまった。でも、たしかに「THE FIRST HARD CORE BEE NIGHT CLUB(世界初ミツバチ用ナイトクラブ)」とあ...
米電気自動車メーカー「テスラ」が、同社の自動車を購入する際に、ビットコインで決済することが可能になったと発表。現在は米国内のみに限られているが、今年後半ま...
死滅の危機に瀕している野生のミツバチを救う施策として、スウェーデンの「McDonald's」が看板広告の裏側に巣箱を設置するプロジェクトを開始した。
新発売された簡易食品容器「BPM」は、従来のパルプモールド容器問題を解消し、最後は水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。原料に使用される「孟宗...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
フィンランド・ヘルシンキで新たに展開されているサービス「Think Sustainably(シンク サステナビリティ)」。その名が示す通り、サービス提供が...
野外排泄の問題で悩まされてきたオランダの首都・アムステルダムで、サステイナブルな公衆トイレが各所に設置された。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
オーストラリアが国を挙げて、人々の寄付を募っている。新しく鋳造された1ドルコインは「Donation Dollar」と名付けられ、政府が慈善寄付を促進している。