「海洋プラスチックゴミ」から生まれた植物ポット

捨てられていた海洋プラスチックを捨てられないアイテムに生まれ変わらせるブランド「buoy(ブイ)」から、偶然集まった海洋ゴミの色を活かして製作した植物鉢、「buoyプランツポット」が新たに発売となった。

海洋プラスチックごみは、現在、日本の海岸にもたくさん漂着している。一口にプラスチックと言っても、特性が違うたくさんの種類があるため、種類ごとに分別し不純物を取り除かなくては再生することはできない。中でも海岸に流れつくプラスチックゴミは分別が難しく、今までは通常の再生は困難だったという。

しかし、海洋ゴミをつかって人々の心を動かすプロダクトを生み出すことを目標に、プラスチックメーカーである知見を活かし、技術研究を進めた結果生まれたのが「buoy」のシリーズなのだ。

そして、水に強い素材であることや、おうち時間が増えている今、室内で自然が感じられるアイテムを作りたいと、今回の「プランツポット」が発売に。

buoyは着色は一切行わず、回収された場所や季節によって色や模様が変わる。工芸品のような風合いも楽しむこともできるので、プラスチックの利便性もありながらちょっと落ち着いたインテリアを楽しみたいという人にもおすすめだ。

4月10日まで、応援購入サービス「Makuake」にて特別価格での先行販売中。

©株式会社テクノラボ
©株式会社テクノラボ
©株式会社テクノラボ

buoyプランツポット

【「Makuake」プロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/buoy/

Top image: © 株式会社テクノラボ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
石油でできたプラスチックを撤廃し、完全植物性の材料でできたプラスチックを開発する「Paper Bottle Project」。このボトルは1年以内に自然腐...
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
来秋発売の「Forever Floatride GROW」は、「Reebok」が誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニン...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
短くなったら捨てるのではなく、ポットに植える。デンマーク発のサステイナブルな鉛筆は、使い終わったあとも楽しみがあるユニークなアイテム。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...