「13年間ペットボトル一筋」の女性が、命を吹き込み続ける。

ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。多くの人が「秘めた魅力」に気づいていません。

だからこそ、チェコで活躍するアーティストVeronika Richterovaの作品を紹介したいのです。彼女の『PET-ART』シリーズは、一度ゴミとして捨てられたペットボトルの無限の可能性を教えてくれます。

加工次第でどこまでも輝く

10年以上に渡り、ペットボトルアートをつくり続けるVeronikaの熱意は凄まじいもの。その特性をとことん追求していることがわかるのが、上のシャンデリア。

この作品は、ライトの熱に耐えられるという良い所だけを利用したものではなく、あまりにも熱を加えすぎると、溶けるという弱点さえも活かしています。ガラス細工のように、加熱しながら捻ったり、歪めたりして、ディテールまで丹念に作り込まれているのです。

さらに、明かりで照らせば反射し、キラキラ輝いて美しいんだから…。もうっ、とにかくスゴイ!

捨てられたモノとは思えないほど様々な工夫が凝らしてあり、インテリアとしても申し分ありません。それに、特性だけではなく、元のカタチもちゃんと活かされている所に「並々ならぬ愛」を感じます。

愛するがゆえに何もかも知り尽くそうとするVeronikaは、世界76ヶ国から約3,000本のペットボトルを集めた『PET-ART muzeum』という美術館の主催者でもあるのです。

13年前から恋に落ちたように、つくり続ける彼女の作品はまだまだあります。

プラスチックには、自然に分解されるまで何百年もしくは、何千年もかかると言われるネガティブなイメージもあります。

だけど、良いところも悪いところも全てひっくるめて、アートとして蘇らせることで、人々に長く愛され続ける存在になったのです。

Licensed material used with permission by Veronika Richterova

関連する記事

7月30日、「カリフォルニア交通局」がペットボトルをリサイクルした素材を使用し、オーロビルにある162号線を舗装したと発表。
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
数多くの人気漫画を抱える「集英社」が「スタートバーン株式会社」と提携を結んで、世界へ向けたマンガアートの販売サービス「「SHUEISHA MANGA-AR...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...