「13年間ペットボトル一筋」の女性が、命を吹き込み続ける。

ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。多くの人が「秘めた魅力」に気づいていません。

だからこそ、チェコで活躍するアーティストVeronika Richterovaの作品を紹介したいのです。彼女の『PET-ART』シリーズは、一度ゴミとして捨てられたペットボトルの無限の可能性を教えてくれます。

加工次第でどこまでも輝く

10年以上に渡り、ペットボトルアートをつくり続けるVeronikaの熱意は凄まじいもの。その特性をとことん追求していることがわかるのが、上のシャンデリア。

この作品は、ライトの熱に耐えられるという良い所だけを利用したものではなく、あまりにも熱を加えすぎると、溶けるという弱点さえも活かしています。ガラス細工のように、加熱しながら捻ったり、歪めたりして、ディテールまで丹念に作り込まれているのです。

さらに、明かりで照らせば反射し、キラキラ輝いて美しいんだから…。もうっ、とにかくスゴイ!

捨てられたモノとは思えないほど様々な工夫が凝らしてあり、インテリアとしても申し分ありません。それに、特性だけではなく、元のカタチもちゃんと活かされている所に「並々ならぬ愛」を感じます。

愛するがゆえに何もかも知り尽くそうとするVeronikaは、世界76ヶ国から約3,000本のペットボトルを集めた『PET-ART muzeum』という美術館の主催者でもあるのです。

13年前から恋に落ちたように、つくり続ける彼女の作品はまだまだあります。

プラスチックには、自然に分解されるまで何百年もしくは、何千年もかかると言われるネガティブなイメージもあります。

だけど、良いところも悪いところも全てひっくるめて、アートとして蘇らせることで、人々に長く愛され続ける存在になったのです。

Licensed material used with permission by Veronika Richterova
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
6月26日、グラフィックデザイナーとして初めて「アメリカ国民芸術勲章文化勲章」を授与されたミルトン・グレイザー氏が、マンハッタンの自宅で死去した。91歳だった。
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
1月16日から、スイスのバッグブランド「FREITAG」が新作となる「F660 JIMMY」の販売を開始した。
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。
世界屈指のIT先進国・エストニアは、7月1日から外国人向けの「デジタルノマドビザ」を導入。国外の雇用主との雇用関係や事業活動をおこなっていて、それがテレワ...
6月18日、「フォード」がマスタングシリーズの新型EV「マスタング・マッハE」に、手を離した運転を可能にする技術を搭載すると発表した。アメリカ50州とカナ...
石油でできたプラスチックを撤廃し、完全植物性の材料でできたプラスチックを開発する「Paper Bottle Project」。このボトルは1年以内に自然腐...
イタリアのローマ市は、ペットボトルのリサイクルポイントを地下鉄やバスなどの公共交通機関の乗車券と交換できる実証実験をスタート。30本分のポイントにつき、フ...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...