「13年間ペットボトル一筋」の女性が、命を吹き込み続ける。

ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。多くの人が「秘めた魅力」に気づいていません。

だからこそ、チェコで活躍するアーティストVeronika Richterovaの作品を紹介したいのです。彼女の『PET-ART』シリーズは、一度ゴミとして捨てられたペットボトルの無限の可能性を教えてくれます。

加工次第でどこまでも輝く

10年以上に渡り、ペットボトルアートをつくり続けるVeronikaの熱意は凄まじいもの。その特性をとことん追求していることがわかるのが、上のシャンデリア。

この作品は、ライトの熱に耐えられるという良い所だけを利用したものではなく、あまりにも熱を加えすぎると、溶けるという弱点さえも活かしています。ガラス細工のように、加熱しながら捻ったり、歪めたりして、ディテールまで丹念に作り込まれているのです。

さらに、明かりで照らせば反射し、キラキラ輝いて美しいんだから…。もうっ、とにかくスゴイ!

捨てられたモノとは思えないほど様々な工夫が凝らしてあり、インテリアとしても申し分ありません。それに、特性だけではなく、元のカタチもちゃんと活かされている所に「並々ならぬ愛」を感じます。

愛するがゆえに何もかも知り尽くそうとするVeronikaは、世界76ヶ国から約3,000本のペットボトルを集めた『PET-ART muzeum』という美術館の主催者でもあるのです。

13年前から恋に落ちたように、つくり続ける彼女の作品はまだまだあります。

プラスチックには、自然に分解されるまで何百年もしくは、何千年もかかると言われるネガティブなイメージもあります。

だけど、良いところも悪いところも全てひっくるめて、アートとして蘇らせることで、人々に長く愛され続ける存在になったのです。

Licensed material used with permission by Veronika Richterova
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったとこ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
たとえ、誰からも認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人たちを紹介します。ある意味ではみな「オタク」。でもそのパフォーマンスが...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...