ペットボトルでテーマパークの入場券が半額に! in UK

深刻化するプラスチックのゴミ問題。世界中ではさまざまな取り組みが行われていて、ゴミで“アート作品”を作って問題提起したり、回収ボックスに入れると無料のサービスが受けられるなど、その方法は多岐にわたります。

そこで、Coca-Cola Great Britainがイギリスで現在行っている取り組みをご紹介。

至ってシンプルなもので、Merlin Entertainment'sが運営する4つのテーマパークに回収用の自動販売機が置かれていて、空のペットボトルを入れるだけ。その場でパークの入場券が50%も安くなるディスカウントチケットがもらえます。

ただ問題提起されるだけではなく、参加する人がワクワクするようなこの取り組み。良いですよね。

設置は10月19日まで。気になる人は、こちらのwebページをチェック。

Top image: © iStock.com/scisettialfio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

7月30日、「カリフォルニア交通局」がペットボトルをリサイクルした素材を使用し、オーロビルにある162号線を舗装したと発表。
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...