消費したペットボトルの量を体感できる「迷路」が出現。

マドリード市内のマヨール広場、フェリペ3世の銅像が立つ広場にある日突然現れたのは、透明のビニールバックに入れられたペットボトルの壁。夜には青白く光り、人々はその明かりに吸い寄せられるように、背丈よりも高い壁へと歩み寄った。

ペットボトル15,000本分
迷路が伝えたい「感覚の麻痺」

Bedefda21dba74a73fe2d0422556912aaecdf39073ee402cff0cf19880af210e32a81d5c0691484f1e93672f322a562e5ec8c6179d82641100bf23b3

ご覧のとおり、壁はただ眺めることを目的にしたものではなく、その間を通り抜けられるよう設計された「迷路」。

アーティスト団体「Luzinterruptus」によるこのインスタレーションに使用されたペットボトルの数は、じつに15,000本。全長170メートル、高さは3メートルほどの光の迷路を抜け出すのに、3分ほどかかるという。

「ペットボトルに囲まれた狭い道を歩かせ、なんども角を曲がらせることで、出口への方向感覚や距離感を喪失して欲しいのです」

とは団体の弁。その意図は深刻なゴミ問題。

日々の生活のなかで、どれほどのプラスチックゴミを排出しているかを、見えるカタチで伝えるだけでなく、実際にその中に飛び込むことで問題意識を植えこもうというのがLuzinterruptusの狙い。ゆえに、彼らはこの迷路の中で、方向感覚や距離感を失わせたかったということなんだろう。

住民による住民のための迷路

15,000本のペットボトルは1ヶ月間の期間を設け、広場をはじめ付近の病院、大学などから集められたもの。すべては広場を利用する近隣住民たちに訴えかけるため。自分たちがどれほどのプラスチックゴミを破棄していたのかを。

Licensed material used with permission by Luzinterruptus
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画...
フィンランドに拠点を置くLimonade社が開発した、世にも珍しい“ペットボトルキャップ”を紹介。ただの水がジュースに変わるって、一体どういうことなのでし...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。