消費したペットボトルの量を体感できる「迷路」が出現。

マドリード市内のマヨール広場、フェリペ3世の銅像が立つ広場にある日突然現れたのは、透明のビニールバックに入れられたペットボトルの壁。夜には青白く光り、人々はその明かりに吸い寄せられるように、背丈よりも高い壁へと歩み寄った。

ペットボトル15,000本分
迷路が伝えたい「感覚の麻痺」

ご覧のとおり、壁はただ眺めることを目的にしたものではなく、その間を通り抜けられるよう設計された「迷路」。

アーティスト団体「Luzinterruptus」によるこのインスタレーションに使用されたペットボトルの数は、じつに15,000本。全長170メートル、高さは3メートルほどの光の迷路を抜け出すのに、3分ほどかかるという。

「ペットボトルに囲まれた狭い道を歩かせ、なんども角を曲がらせることで、出口への方向感覚や距離感を喪失して欲しいのです」

とは団体の弁。その意図は深刻なゴミ問題。

日々の生活のなかで、どれほどのプラスチックゴミを排出しているかを、見えるカタチで伝えるだけでなく、実際にその中に飛び込むことで問題意識を植えこもうというのがLuzinterruptusの狙い。ゆえに、彼らはこの迷路の中で、方向感覚や距離感を失わせたかったということなんだろう。

住民による住民のための迷路

15,000本のペットボトルは1ヶ月間の期間を設け、広場をはじめ付近の病院、大学などから集められたもの。すべては広場を利用する近隣住民たちに訴えかけるため。自分たちがどれほどのプラスチックゴミを破棄していたのかを。

Licensed material used with permission by Luzinterruptus
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
7月30日、「カリフォルニア交通局」がペットボトルをリサイクルした素材を使用し、オーロビルにある162号線を舗装したと発表。
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
見た目では一体なんなのか分からないこのアイテム。じつは、ペットボトルを差し込むと水を霧状に噴射し、室内を加湿してくれる"ペットボトル加湿器"なのだ。
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
1月16日から、スイスのバッグブランド「FREITAG」が新作となる「F660 JIMMY」の販売を開始した。