1年で分解されるボトルを「コカ・コーラ」と「カールスバーグ」が開発支援

国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)でも取り上げられるほどに深刻な問題となっている海洋プラスチックごみ

この問題を解決するかもしれない取り組みの支援に、「Carlsberg(カールスバーグ)」社と「Coca-Cola(コカ・コーラ)」社が乗り出している。

その取り組みとは、石油でできたプラスチックを撤廃し、完全植物性の材料でできたプラスチックを開発する「Paper Bottle Project」

これは、紙製パッケージ会社「BillerudKorsnäs」、ボトル製造会社「ALPHA」、再生可能な科学物質研究会社「Avantium」のそれぞれの専門知識を持ち寄り、3社合同でおこなわれるとか。

開発しているのは、100%バイオ樹脂でできたPEFボトルに、厚紙でラベルを貼ったもの。PEFボトルに関しては、ビールなどを入れても問題がないように、従来のPEFボトルより強度が高いものを作るという。また、一般的なプラスチックが何年もかけて自然腐敗するのに対し、このボトルは1年以内にそれが可能だとか。

現在のプロジェクトの目標は、2023年までにさらに多くの企業とパートナーシップを結び、この新しいPEFを流通させること。それが達成できれば、海岸からゴミがなくなる日へ一歩近づきそうだ。

©Carlsberg
Top image: © Avantium
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
「ラフォーレ原宿」と「コカ・コーラ」のコラボレーション企画「Coca-Cola Collection 2020 in Laforet HARAJUKU」が...
東京のスニーカーカルチャーを牽引するセレクトショップ「atmos」が、今月21日、ファッションに特化した「コカ・コーラ」の専門ショップ「COCA-COLA...
東京・渋谷に開業した複合商業施設「MIYASHITA PARK」にインターナショナル旗艦店をオープンさせたことでも話題になった大注目のブランド「KITH」...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
2020年に向けたある方針を発表した「コカ・コーラ・スウェーデン」。それにより、スウェーデンでのバージンプラスチックの使用量を年間約3500トン、CO2排...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。